ストリームの型を変換するには

Converterコンポーネント

ストリームを別の型に変換するには、Converterコンポーネントを使用します。固定長形式で記述されているTextストリームをFixedLengthストリームとして扱いたい場合や、CSV形式で記述されたTextストリームをCSVストリームとして扱いたい場合などに利用できます。

RecordストリームをCSVストリームに変換する

1.対象のフローウィンドウを表示し、パレットの「ストリーム」タブから、Converterコンポーネント(「ストリーム型を変換します」)をワークスペースへドラッグして配置する

 

HINT
ストリーム型とフィールド定義
フローデザイナーで扱えるストリーム型とそのフィールド定義は以下のようになります。

ストリーム型 フィールド定義
XML 名前、データ型、繰り返し、ノードタイプ、表示名
CSV フィールド名、データ型
FixedLength フィールド名、データ型、開始位置、長さ、小数点位置
Record フィールド名、データ型
ParameterList フィールド名、データ型(配列が定義可能)
MIME Binary 型の単一ストリーム
HTML String 型の単一ストリーム
Text String 型の単一ストリーム
Binary Binary 型の単一ストリーム

2.「ストリーム型」プロパティの値欄をクリックし、一覧から変換後の型を選択する

 

3.必要に応じて出力ストリームの各プロパティを設定する

 

ストリームの型が変換され、出力されます。

CAUTION
単一フィールドのストリーム(MIME、HTML、Text、Binary) 以外の複数フィールドが定義できるストリーム型から、 同じく複数フィールドが定義できるストリーム型へ変換する場合、出力ストリームのフィールド定義でフィールドの数と名前を変更することはできません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • ストリーム
  • Converter
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する