フィールド定義を編集するには

ストリームのフィールド定義

ストリームには、ストリームプロパティと呼ばれる固有の情報に加え、扱うデータの単位としての「フィールド」情報が含まれます。それぞれのフィールドに対し、名前やデータ型などの「フィールド定義」を設定できます。フィールド定義もストリームペインで設定します。

フィールド名とデータ型を編集する

1.対象のコンポーネントを選択し、ストリームペインのプロパティの「フィールド名」の各欄に、フィールド名を入力する

 

2.「データ型」の各欄をクリックし、一覧からデータ型を選択する

 

3.必要に応じてその他のフィールドを設定する

 

ストリームの内容に合わせて、必要なフィールド名とデータ型(フィールド定義)をすべて設定します。

HINT
基本データ型の種類
フィールド定義や変数定義などでは、以下の基本データ型を使用できます。

データ型 データの範囲
Integer -9223372036854775808 以上、 9223372036854775807 以下の整数
Decimal 無限精度の数値
String 最大 2147483647文字までの文字列
Binary 最大 2147483647 バイトまでの バイト列データ
Double -1.79769313486231570e+308 から +1.79769313486231570e+308 までの 浮動小数点
DateTime 西暦で、単位は年月日時分秒 1/1000 秒まで (例:1970 年 01 月 01 日 00:00:00)
Boolean 真(true)もしくは偽(false)

※ ParameterListストリームでは、Stringの配列を使用できます。

フィールド名とデータ型を一括で編集する(CSV形式で編集)

1.ストリームペインのフィールド定義の部分で右クリックして、「CSV形式で編集」を選択する

 

2.表示されるダイアログにすべてのフィールド名を改行で区切って入力し、「OK」をクリックする

 

HINT
■2のダイアログで、各行を「フィールド名 , データ型」の形式で入力すると、フィールド名に加えデータ型も一括で設定できます。

3.ストリームペインの「フィールド名」の各欄にフィールド名が入力されるので、それぞれのデータ型を一覧から指定する

 

ダイアログで入力したフィールドの行数ぶんだけフィールド行が設定されるます。このように、「CSVで編集」機能を使うことで、フィールド名とデータ型をすばやく設定できます。

HINT
フィールドの順番を変更するには
ストリームペインで対象フィールドの行をクリックすると、行全体が選択され反転表示されるので、その状態で右クリックし、メニューから「上に移動」または「下に移動」を選択すると、フィールドの順番を変更できます。

CAUTION
■2のダイアログで余分な改行が含まれていると、「フィー ルド名が不正です」というメッセージが表示されます。その場合は改行を削除してから操作を続けてください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • ストリーム
  • フローデザイナー
  • フィールド定義
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する