ストリームを一時的に保存し利用するには

StreamPut/StreamGetコンポーネント

StreamPutコンポーネントを使うと、入力ストリームを、指定したキーでメモリに保持できます。 「保存名」プロパティで名前を指定し、「スコープ」プロパティでスコープを指定します。保存したストリームは、StreamGetで取得し、StreamRemoveで削除できます。

ストリームを一時的に保存する

1.対象のフローウィンドウを表示し、パレットの「ストリーム」タブから、StreamPut コンポーネント(「セッションまたはリクエストのスコープでストリームを保持します」)をワークスペースへドラッグして配置する

 

HINT
StreamPut コンポーネントでは、以下のプロパティを設定できます。

プロパティ名 説明
保存名 ストリームを取得する際にキーとなる文字列を設定します。
スコープ 保持する対象のスコープを指定します。
•リクエスト:現在のリクエストをスコープの対象にします。
•セッション:現在のセッションをスコープの対象にします。
既に保持している場合 ストリームがすでに保持されている場合の動作を指定します。
•置き換える:入力ストリームに置き換えます。
•エラー:エラーを発生します。
•何もしない:何もしません。

2.「保存名」や「スコープ」、その他のプロパティを設定する

 

フローを実行すると、ストリームが指定した名前で一時的に保持されます。

CAUTION
保持している1つのストリームを複数のスレッドで使用しないでください。

HINT
保持したストリームを削除するには
StreamPut コンポーネントを使ってメモリに保持したストリームを削除するには、「ストリーム」タブの StreamRemoveコンポーネント(「セッションまたはリクエストのスコープからストリームを削除します」)を使用しま す。「保存名」プロパティでは、ストリームを保持した際に設定した名前を指定します。

保持中のストリームを取得する

1.対象のフローウィンドウを表示し、パレットの「ストリーム」タブから、StreamGet コンポーネント(「セッションまたはリクエストのスコープからストリームを取得します」)をワークスペースへドラッグして配置する

 

HINT
ストリームの取得後に削除するには
保持したストリームを、StreamGetコンポーネントで取得してそのまま削除することも可能です。その場合は、StreamGetコンポーネントを使用する際に、「取得後に削除」プロパティで「はい」を指定してください。

ストリームを暗号化するには
「ストリーム」タブのEncryptAESコンポーネントを利用すると、入力ストリームをAES暗号方式で暗号化できます。EncryptAESコンポーネントを使って暗号化したストリームの復号化は、DecryptAESコンポーネントで行います。

アイコン コンポーネント名 メニュー名

EncryptAES

AES 暗号方式でストリームを 暗号化します

DecryptAES

AES 暗号方式でストリームを 復号化します

2.「保存名」プロパティに、保持したストリームの名前を指定し、必要に応じその他のプロパティも設定する

 

フローの実行により、StreamPutコンポーネントを使ってメモリに保持していたストリームを取得できます。

CAUTION
保持している1つのストリームを複数のスレッドで使用しないでください。

HINT
StreamGetコンポーネントでは、以下のプロパティを設 定できます。

プロパティ名 説明
保存名 StreamPutコンポーネントでストリームを保持した 際に設定した保存名を指定します。
スコープ 取得する対象のスコープを指定します。
•リクエスト:現在のリクエストをスコープの対象にします。
•セッション:現在のセッションをスコープの対象にします。
取得できない場合 取得したいストリームが見つからなかった場合の動作を指定します。
•空のストリームを出力:指定した出力ストリーム型の空のストリームを出力します。
•エラー:エラーを発生します。

取得後に削除 取得に成功した場合に、ストリームをメモリから削 除するかどうかを指定します。 
•はい:ストリームをメモリから削除します。
•いいえ:ストリームをメモリから削除しません。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • ストリーム
  • StreamPut
  • StreamGet
  • StreamRemove
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する