バッチ処理(EXEコンポーネント)でflow-ctrlコマンドを使用したい

flow-ctrlコマンドはログイン後、入力待ちになり入力された文字列(スクリプト)を実行します。

バッチ処理など予め決まったスクリプトを実行したい場合はその内容をファイルにして、
-script <ファイル名>
で指定してください。

例)ASTERIAのEXEコンポーネントで使う場合
 ・c:\temp\script.txt
 内容:
 --------------------
 list project
 --------------------
 ※exitは要りません。

 ・EXEコンポーネントの指定
 "C:\Program Files\asteriawarp\flow\bin\flow-ctrl.bat" -host:xxx -user:xxx -password:xxx -script:c:\temp\script.txt

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する