flow-ctrlの変数「stream」の使い方を教えてください

flow-ctrlコマンドの変数「stream」は、あるフローの実行結果として受け取ったストリームを別のフローの入力ストリームとして渡したいときに使う変数です。

execまたはpostコマンドで-setオプションをつけてフローを実行すると、そのフローの出力ストリームが変数「stream」にセットされます。次に実行されるexecやpostコマンドではこのストリームがフローの入力ストリームとして使用されます。つまり、set streamコマンドで外部ファイルから入力ストリームに設定するのに代わって、前に実行した結果のストリームを渡すことができます。

flow-ctrlを呼び出すバッチやシェルスクリプト内で利用できるものではないのでご注意ください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コマンド
  • flow-ctrl
  • 変数
  • exec
  • stream
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する