ABBYY® FlexiCapture® Cloud連携テンプレートの使い方

ABBYYジャパン株式会社が提供する「ABBYY FlexiCapture Cloud」と連携を行うフローテンプレートの使い方を紹介します。

 

「ABBYY FlexiCapture Cloud」はAI OCRを用いた帳票処理プラットフォームです。事前準備としてFlexiCapture Cloudのライセンス取得とプロジェクトを作成する必要があります。

ライセンスに関しては以下のページよりお問い合わせください。

AI OCRを活用したABBYY FlexiCapture

 

 

プロジェクトの作成方法は、FlexiCapture、FlexiLayout - はじめてのサンプルプロジェクト作成ガイドをご確認ください。

 

用意しているテンプレートは2種類です。

・FlexiCapture Cloudへファイルアップロード

・FlexiCapture Cloudから結果取得

 

まずはテンプレートファイルをダウンロードし、フローデザイナーにインポートします。

mceclip0.png

mceclip0.png

 

〇「FlexiCapture Cloudへファイルアップロード」

 このテンプレートは、FlexiCapture Cloudにファイルをアップロードし、タスクを開始するテンプレートです。このテンプレートではStandardまたはEnterpriseエディションのライセンスが必要です。

mceclip2.png

<ステップ1>

mceclip3.png

FlexiCapture Cloud>API Quick Start GuideのAuthorizationの値をコピーして貼り付けます。

 

<ステップ2>

アップロードするファイルが配置されているフォルダを指定します。指定したフォルダ配下にあるPDFファイルをすべてアップロードします。

 

<注意事項>

フローを実行すると、タスクID管理用ファイル「fc_ids.csv」が生成されます。このファイルは結果取得フローで使用します。

 

これで完成です。

mceclip4.png

実行すると、ファイルをアップロードし、タスクを開始します。

 

〇「FlexiCapture Cloudから結果取得」

ファイルアップロードフローで開始したタスクの結果を取得します。ステータスが”Done”となっている結果のExcelファイルを取得します。

mceclip5.png

<ステップ1>

「FlexiCapture Cloudへファイルアップロード」と同様に、FlexiCapture Cloud>API Quick Start GuideのAuthorizationの値をコピーして貼り付けます。

 

<ステップ2>

保存先フォルダを指定します。

 

<注意事項>

・ファイルアップロードフローで生成したタスクID管理用ファイル「fc_ids.csv」はフロー終了後に削除されます。

・結果が取得できなかったタスクについては、タスクID、ファイル名、ファイルID、ファイルトークンをCSVファイル「fc_log.csv」に保存します。

・結果ファイルはExcelファイルに対応しています。CSVファイル等、別のファイル種別の場合はフローを修正する必要があります。

 

これで完成です。

mceclip6.png

実行すると結果のExcelファイルが保存されます。

 

以上、ABBYY FlexiCapture Cloudと連携する2種類のフローテンプレートを紹介しました。

ぜひご活用ください。

 

※ABBYY、FlexiCapture、FlexiCapture CloudはABBYY Software Ltd.の登録商標あるいは商標です。

FlexiCaptureCloud.zip
ダウンロード
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する