楽楽明細連携フローテンプレートの使い方

株式会社ラクスが提供する「楽楽明細」と連携を行うフローテンプレートの使い方を紹介します。

 

「楽楽明細」はWEB帳票発行システムで、電子化した請求書などの帳票をアップロードするだけで、発行先に応じて「WEB」「メール添付」「郵送」「FAX」のいずれかの方法で発行するため、印刷や封入作業を削減することができます。

mceclip0.png

用意しているテンプレートは2種類です。

・顧客データ一括登録

・帳票データ一括登録

 

まずはテンプレートファイルをダウンロードし、フローデザイナーにインポートします。

mceclip1.png

mceclip0.png

〇「顧客データ一括登録」

 このテンプレートでは、顧客データを一括登録します。

mceclip3.png

<Step1>

楽楽明細APIを利用するための設定を行います。

ドメイン名とアカウント名を入力します。

※楽楽明細の管理画面及び顧客画面のURLからドメイン名とアカウント名を確認することができます。(https://【ドメイン名】/【アカウント名】/~~)

 

APIトークンを入力します。管理画面の基本設定>API設定よりAPIトークンを発行してください。発行手順の詳細は楽楽明細のマニュアルを確認してください。

 

<Step2>

読み込むCSVファイルを指定してください。CSVの項目は管理画面の基本設定>顧客項目の設定で登録した項目と一致するようにしてください。

例:

mceclip4.png

 

<Step3 & 4>

取込時の詳細設定をします。

・ステータスが「利用中」の顧客も上書きするかどうかを指定します。

 0: 上書きしない / 1: 上書きする

・空白セルのデータを、空白として上書きするかどうかを指定します。

 1: 空白で上書きする / 2: 元の値を残す

・取込メモを指定します。※40文字以内

・CSVデータの1行目もデータとして読み込むかどうかを指定します。

 0: 1行目も読み込む / 1: 1行目を読み込まない

 

これで完成です。

mceclip5.png

実行してみると…

mceclip6.png

顧客情報が登録されました。

 

〇「帳票データ一括登録」

 このテンプレートでは、帳票データを一括登録します。

mceclip7.png

 

<Step1>

楽楽明細APIを利用するための設定を行います。

ドメイン名とアカウント名を入力します。

※楽楽明細の管理画面及び顧客画面のURLからドメイン名とアカウント名を確認することができます。(https://【ドメイン名】/【アカウント名】/~~)

 

APIトークンを入力します。管理画面の基本設定>API設定よりAPIトークンを発行してください。発行手順の詳細は楽楽明細のマニュアルを確認してください。

 

<Step2>

読み込むCSVファイルを指定してください。CSVの項目は管理画面の基本設定>顧客項目の設定で登録した項目と一致するようにしてください。また、1行目は項目名とします。

例:

mceclip8.png

 

<Step3>

読み込むCSVのフィールドを登録します。

 

<Step4~7>

取込時の詳細設定をします。

・帳票種別IDを指定します。

・CSVデータの取込方法を指定します。

 1: 新規発行 / 0: 差替発行

・CSVデータの取込メモを指定します。※40文字以内

・取込みと同時に承認するかどうかを指定します。

 0: 承認しない / 1: 承認する

・CSVデータの承認コメントを指定します。承認フラグ = 1 (承認する) の場合に有効です。

※全角100文字(半角200文字)まで

・「利用中」の顧客が含まれる場合、差替発行通知メールを送信するかどうかを指定します。

※承認フラグ = 1 (承認する) 、取込方法 = 0 (差替発行) であり、「基本設定」メニューの「通知メール設定」で、「帳票公開のお知らせ(差替え時)」の送信設定が「送信時に変更可能」の場合にのみ有効で、かつ、必須項目です。

 0: メールを送信しない / 1: メールを送信する

・「郵送依頼」の顧客が含まれる場合、差替発行した帳票を郵送依頼するかどうかを指定します。

※承認フラグ = 1 (承認する) で、取込方法 = 0 (差替発行) であり、郵送機能利用中の場合にのみ有効で、かつ、必須項目です。

 0: 郵送しない / 1: 郵送する

・差替対象の取込IDを指定します。

※取込方法 = 0 (差替発行) であり、帳票データCSVに帳票Noがない場合にのみ有効で、かつ、必須項目です。

 

予約発行する場合は、フロー作成後に発行方法と予約発行日を変更してください。フロー変数”pdfIssueType”,” publicationDate”の値をそれぞれの変数の説明に従って修正してください。

 

これで完成です。

mceclip9.png

実行してみると…

mceclip10.png

帳票データが登録されました。

 

楽楽明細とつながる2つのテンプレートを紹介しました。

みなさんもぜひ活用してみてください。

rakurakumeisai .zip
ダウンロード
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する