PlaPi連携フローテンプレートの使い方

株式会社JSOLが提供する商品管理システム「PlaPi」と連携を行うフローテンプレートの使い方を紹介します。

 

用意しているテンプレートは3種類です。

・商品情報登録

・商品情報更新

・商品情報取得

 

まずはテンプレートファイルをダウンロードし、フローデザイナーにインポートします。

mceclip0.png

mceclip1.png

 

〇「商品情報登録」

 このテンプレートは、PlaPiに商品を新規登録するテンプレートです。

mceclip2.png

mceclip3.png

<Step1>

APIトークンとClient IDを入力します。

APIトークンはメニュー 商品管理>APIトークンから発行可能です。

 

<Step2>

登録する商品のカテゴリIDを入力します。

カテゴリIDはカテゴリーページのURLから確認できます。

mceclip4.png

<Step3>

商品情報を記載しているCSVファイルを指定します。

このCSVの項目は以下の通りに予め設定します。

No.

項目名

詳細

1

商品名

必須。

2

商品ID(ユーザー設定用)

必須。

3

商品説明

 

4

商品ステータス

必須。1~9の数字で設定。初期値は以下の通り。

1 : 販売中

2 : 販売予定

3 : 販売停止

4 : 企画中

5 : 企画予定

6 : 企画停止

7 : アーカイブ

8 : 廃止

9 : その他

5(複数)

基本情報の項目名

ステップ4で設定する基本情報の項目名。

6(複数)

スペックの項目名

ステップ5で設定するスペックの項目名。

7(複数)

関連情報の項目名

ステップ6で設定する関連情報の項目名。

8

閲覧権限名

必須。

9

編集権限名

必須。

サンプル↓

mceclip5.png

<Step4~6>

PlaPiで設定している基本情報、スペック、関連情報の項目をそれぞれ設定します。

予め用意するCSVの項目と一致させる必要があります。また、セパレータも1つの項目として設定してください。

 

<注意事項>

・フロー作成時にJSON生成用にテンプレートファイル「template.vm」がプロジェクトと同一のディレクトリに生成されます。

・フローを実行すると、登録用JSONテンプレートファイル「json_create.vm」がプロジェクトと同一のディレクトリに生成されます。

 

これで完成です。

mceclip6.png

実行すると、商品が新規登録されます。

mceclip7.png

 

〇「商品情報更新」

PlaPiに登録している商品情報を更新します。

mceclip8.png

<Step1>

APIトークンとClient IDを入力します。

 

<Step2>

更新する商品のカテゴリIDを入力します。

 

<Step3>

商品情報を記載しているCSVファイルを指定します。

このCSVの項目は以下の通りに予め設定します。

No.

項目名

詳細

1

商品名

必須。

2

商品ID

必須。商品詳細ページのURLより確認ができます。

3

商品ID(ユーザー設定用)

必須。

4

商品説明

 

5

商品ステータス

必須。1~9の数字で設定。初期値は以下の通り。

1 : 販売中

2 : 販売予定

3 : 販売停止

4 : 企画中

5 : 企画予定

6 : 企画停止

7 : アーカイブ

8 : 廃止

9 : その他

6(複数)

基本情報の項目名

ステップ4で設定する基本情報の項目名。

7(複数)

スペックの項目名

ステップ5で設定するスペックの項目名。

8(複数)

関連情報の項目名

ステップ6で設定する関連情報の項目名。

9

閲覧権限名

必須。

10

編集権限名

必須。

サンプル↓

mceclip9.png

<Step4~6>

PlaPiで設定している基本情報、スペック、関連情報の項目をそれぞれ設定します。

予め用意するCSVの項目と一致させる必要があります。また、セパレータも1つの項目として設定してください。

 

<注意事項>

・フロー作成時にJSON生成用にテンプレートファイル「template_update.vm」がプロジェクトと同一のディレクトリに生成されます。

・フローを実行すると、登録用JSONテンプレートファイル「json_update.vm」がプロジェクトと同一のディレクトリに生成されます。

・CSVファイルを用意する際、更新が必要のない項目は、既存の値を入力してください。

 

これで完成です。

mceclip10.png

実行すると商品情報が更新されます。

mceclip11.png

 

〇「商品情報取得」

 このテンプレートは、商品ステータスが販売中(1)の商品情報を取得とメディアダウンロードをするテンプレートです。

mceclip12.png

<Step1>

APIトークンとClient IDを入力します。

 

<Step2~4>

PlaPiで設定している基本情報、スペック、関連情報の項目をそれぞれ設定します。

セパレータも1つの項目として設定してください。

 

<注意事項>

・取得される商品情報は「PlaPi商品情報_yyyyMMdd.csv」というファイル名で保存されます。

・ダウンロードされるメディアファイルは「商品名/項目名」フォルダーに登録されているファイル名のまま保存されます。

・フロー作成時に一時ファイル「tmp/productids.csv」と「tmp/product_details.xml」が生成されます。フローの最後に2ファイルを削除していますが、tmpフォルダーは残ります。

・商品ステータスが販売中(1)の商品のみ取得します。条件を変更する場合は「Mapper_取得商品条件」のレイヤーの条件式を変更してください。

・メディアのダウンロードをしない場合、フロー右側のメディア取得処理を削除してください。

 

これで完成です。

mceclip13.png

実行すると、商品情報とメディアが取得されます。

mceclip14.png

以上、PlaPiと連携できる3種類のフローテンプレートを紹介しました。

ぜひご活用ください。

 

PlaPi.zip
ダウンロード
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する