@Tovas連携フローテンプレートの使い方

コクヨ株式会社が提供する「@Tovas」と連携を行うテンプレートの使い方を紹介します。

 

@Tovasは、請求書や注文書などの帳票を代行配信してくれる帳票Web配信クラウドサービスです。メールでの電子ファイル配信以外にもFAX、郵送など様々な手段が提供されているので、手作業になりがちなFAX送信業務や郵送業務も@Tovasを使うことで効率化することができます。

mceclip0.png

フローテンプレートを使うことで、@Tovasでのマスター送信設定や取引先設定を基幹システムのデータとシームレスに連携しさらなる業務自動化・効率化が期待できます。

 

@Tovas連携フローテンプレート

  • マスタ送信
  • 一括マスタ送信
  • 取引先マスタ管理

 

まずは記事下部リンクよりテンプレートをダウンロードします。

ダウンロードしたテンプレートファイルをインポートして準備は完了です。

mceclip1.png

mceclip2.png

 

〇「マスタ送信」

 このテンプレートでは、マスタ送信を行います。

mceclip3.png

 <ステップ1>

@Tovasの認証設定を行います。@Tovasログイン画面で入力する内容と同じです。

  1. 企業ライセンスコードを入力
  2. アカウントIDを入力
  3. パスワードを入力

mceclip4.png

<ステップ2>

取引先、送信テンプレートの設定を行います。

  1. 取引先コードを入力
  2. 階層グループIDを入力
    • @Tovas管理画面の「階層化グループ管理」より確認できる内部IDを指定します。
    • mceclip5.png
  3. テンプレートIDを入力
    • @Tovasマスタ送信画面の「マスタ送信>マスタ送信テンプレート」より該当のテンプレートIDを確認できます。
    • mceclip6.png

<ステップ3>

  1. ファイルパスを設定します。
    • 添付ファイルが配置してあるフォルダーを指定
  2. フォルダー配下のファイルを送信します。
  3. 送信内容を設定しているCSVファイルを指定
    • 以下のようなCSVファイルを作成し、ファイルパスを指定します。
      1. 送信種別(file, roundtrip, box, fax, postのいずれかを指定)
      2. 件名(送信種別がpostの場合は任意)
      3. 本文(送信種別がfax,postの場合は任意)
    •  ファイル作成時の注意事項
      • 1行目はヘッダーを設定し、2行目以下のデータを読み込みます。

これで完成です。

mceclip7.png

フローを実行すると、設定した内容が送信されます。

 ※検証環境を利用する場合は、RESTコンポーネントのURLの"dl.attovas.com"を"stdl.attovas.com"に変更してください。

※最初はテスト環境(テストアカウント)でお試しください。

 

〇「一括マスタ送信」

このテンプレートでは、送信用ファイルを内包したZipファイルを生成し、一括マスタ送信を行います。

mceclip8.png

<ステップ1>

@Tovasの認証設定を行います。

  1. 企業ライセンスコードを入力
  2. アカウントIDを入力
  3. パスワードを入力

 <ステップ2>

階層グループIDを入力します。

 

これでフローが生成されます。

同時にCSVファイルも生成されるので、そのファイルに送信情報を書き込みます。

<CSV>

  1. 取引先コード
  2. 項目(添付ファイル, 件名, 本文, 郵送タイトル, テンプレートID)
  3. 内容(項目が添付ファイル, 件名, 本文, 郵送タイトルの場合はファイルパス、テンプレートIDの場合はテンプレートIDを指定)

<CSV例>

mceclip9.png

mceclip10.png

生成するフローは2種類あり、まず送信ファイル生成処理を行う「ファイル生成」フローを実行します。

必要ファイルが生成されたら、次に「一括マスタ送信」フローを実行すると、ファイルをZipに圧縮し、アップロードします。これによりデータが一括送信されます。

 ※検証環境を利用する場合は、RESTコンポーネントのURLの"dl.attovas.com"を"stdl.attovas.com"に変更してください。

※アップロードする件名、本文のテキストファイルはUTF-8で作成してください。

 

〇「取引先マスタ管理」

このテンプレートでは、取引先マスタを更新または新規登録を行います。

mceclip11.png

<ステップ1>

@Tovasの認証設定を行います。

  1. 企業ライセンスコードを入力
  2. アカウントIDを入力
  3. パスワードを入力

フローが生成されます。

mceclip12.png

同時にCSVファイルも生成されるので、このファイルに取引先情報を書き込みます。

ヘッダ情報に沿ってデータを入力していきます。

<CSV>

  • 階層化グループID(必須)
  • 取引先コード(必須)
  • 取引先名称(必須)
  • 取引先会社名(必須)
  • 取引先部署名
  • 取引先担当者氏名(必須)
  • 敬称
  • コメント
  • 送信手段1(必須) ・・・ "file","roundtrip","box","fax","post"のいずれかを指定
  • 送信手段2 ・・・ "file","roundtrip","box","fax","post"のいずれかを指定
  • 送信手段3 ・・・ "file","roundtrip","box","fax","post"のいずれかを指定
  • マスタ送信テンプレートコード
  • 郵便番号1 ・・・ 半角文字
  • 都道府県1
  • 群市区町村1
  • ビル名等1
  • 郵便番号2 ・・・ 半角文字
  • 都道府県2
  • 群市区町村2
  • ビル名等2
  • 郵便番号3 ・・・ 半角文字
  • 都道府県3
  • 群市区町村3
  • ビル名等3
  • メールアドレス1
  • メールアドレス2
  • メールアドレス3
  • メールアドレス4
  • メールアドレス5
  • メールアドレス6
  • メールアドレス7
  • メールアドレス8
  • メールアドレス9
  • メールアドレス10
  • 私書箱送信メールアドレス1
  • 私書箱送信メールアドレス2
  • 私書箱送信メールアドレス3
  • 私書箱送信メールアドレス4
  • 私書箱送信メールアドレス5
  • FAX番号1
  • FAX番号2
  • FAX番号3
  • FAX番号4
  • FAX番号5
  • 電話番号1
  • 電話番号2
  • 電話番号3
  • 電話番号4
  • 電話番号5
  • 郵送差出人情報テンプレートコード

※FAX番号、電話番号、郵送差出人情報テンプレートコードは半角英数字記号

実行すると取引先データが新規登録または更新されます。

 ※検証環境を利用する場合は、RESTコンポーネントのURLの"dl.attovas.com"を"stdl.attovas.com"に変更してください。

 

みなさんもぜひ活用してみてください。

 

@Tovas.zip
ダウンロード
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する