Intelligent OCR連携テンプレート

AI inside株式会社が提供するAIプラットフォーム「DX Suite」のOCRソフトウェア「Intelligent OCR」と連携を行うテンプレートの使い方を紹介します。

テンプレートファイルはページ下部よりダウンロードいただけます

「Intelligent OCR」は活字文字だけでなく手書き文字も高精度でデジタルデータ化してくれる「AI-OCR」です。AI(人工知能)が搭載されているため、癖のある書き方や乱筆もきちんと読み取ってテキストデータ化してくれます。

 

テンプレートには2種類あります。

・Intelligent OCRへ画像書類をアップロード

・Intelligent OCRからテキストデータダウンロード

 

まずはテンプレートのアーカイブファイルをダウンロードします。アーカイブファイルは本記事下にダウンロードリンクよりダウンロードしてください。

 

ダウンロードしたアーカイブファイルをインポートして準備は完了です。

 

〇「Intelligent OCRへ画像書類をアップロード」

このテンプレートでは、別システムやスキャナで取り込んだ画像書類ファイルを「Intelligent OCR」へアップロードします。

 

<ステップ1>

Intelligent OCRのAPIを利用するための設定を行います。

① APIキー

  Intelligent OCRの設定から取得したAPIキーを入力します。

② 書類のドキュメントID

  登録した書類のドキュメントIDを入力します。ドキュメントIDは書類選択時のURLから確認ができます。

③ HTTPコネクション

URLプロパティに「https://[ドメイン名].dx-suite.com/ConsoleWeb/api」を設定したHTTPコネクションを指定します。

 

<ステップ2>

Intelligent OCRにアップロードするファイルをまとめたフォルダーを選択します。

今回はサンプルとして複数枚の「預金口座振替依頼書」をアップロードします。

 

<ステップ3>

ユニットIDの保存先を指定します。このテンプレートでは読み取り結果をダウンロードする際に必要なユニットIDをCSVファイルとして保存しています。

 

これで完成です。

実行してみると…

新しくユニットが追加されて読み取りされました。

 

 

〇「Intelligent OCRからテキストデータダウンロード」

このテンプレートでは、「Intelligent OCR」からOCR機能で抽出したテキストデータをダウンロードします。

 

<ステップ1>

書類をアップロードするテンプレートと同様、Intelligent OCRのAPIを利用するためにAPIキーとHTTPコネクションを設定します。

 

<ステップ2>

ユニットIDが登録されているCSVファイルを設定します。ここでは書類をアップロードするテンプレートで保存したCSVファイルを指定することができます。

 

<ステップ3>

読み取り結果としてダウンロードするCSVファイルの保存先を指定します。

 

<ステップ4>

ダウンロードするCSVファイルのフィールドを定義します。

 

これで完成です。

結果を確認すると…

データが取得できました。

 

テンプレートによってフロー開発せずに「Intelligent OCR」と連携できました。「Intelligent OCR」とつながることで、ASTERIA Warpを介して紙の情報を他システムへシームレスに連携することができます

みなさんもぜひ活用してみてください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローテンプレート
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する