MotionBoard連携テンプレート

ウイングアーク1st株式会社が提供するBIダッシュボード「MotionBoard」のリアルタイム連携機能と接続を行うテンプレートの使い方を紹介します。

テンプレートファイルはページ下部よりダウンロードいただけます> 

 

リアルタイム連携とは、IoTデータをリアルタイムに蓄積し、可視化することができる機能です。異常値のアラート機能や蓄積データを外部のデータベースに保存する機能などIoTデータを活用するための様々な機能がついています。

 

そんなMotionBoardリアルタイム連携テンプレートには2種類あります。

・CSVファイルからMotionboardへ

・DBからMotionBoardへ

 

ダウンロードしたテンプレートファイルをインポートして準備は完了です。

mceclip0.png

mceclip1.png

 

〇「CSVファイルからMotionboardへ」

 このテンプレートでは、CSVファイルのデータをMotionBoardに登録します。

mceclip3.png

 

Step1~3では読み込むCSVデータの設定をします。

<Step1>

データの読み込み元CSVファイルを指定します。

今回サンプルで読み込んだCSVファイルは気温データと湿度データを想定したダミーデータです。

mceclip4.png

<Step2>

CSVのフィールド定義を設定します。

 

<Step3>

CSVの読み込み開始行、エンコーディングを指定します。

 

mceclip5.png

続いてStep4~6では、MotionBoard側の登録情報を設定します。

 

<Step4>

MotionBoardのURLと、クライアントIDを設定します。

今回はサンプルで「CSV to MB」というIDを入力します。

 

<Step5>

テンプレート名と認証キーを設定します。

テンプレート名は登録対象となるテンプレート名です。なにも入力しない場合、デフォルトテンプレートにデータが登録されます。テンプレートはMotionBoardのリアルタイム連携画面より事前に作成する必要があります。

 

認証キーはMotionBoardのリアルタイム連携画面で認証キーを設定している場合は設定してください。

 

<Step6>

更新対象となるステータス名のフィールドを定義します。

ステータス名はリアルタイム連携画面のステータスタブより事前に登録する必要があります。

 

これで完成です。

mceclip7.png

実行してみると…

mceclip8.png

データが登録されました!

あとはボードを作成し、このデータをグラフ化したりフィルターをかけたり設定できますね。

 

〇「データベースからMotionBoardへ」

 このテンプレートでは、データベースのデータをMotionBoardに登録します。

mceclip9.png

Step1では読み込むデータベースの設定をします。

<Step1>

データベースのコネクションとフィールドを設定します。

mceclip10.png

続いてStep2~4では、MotionBoard側の登録情報を設定します。

 

<Step2>

MotionBoardのURLと、クライアントIDを設定します。

今回はサンプルで「DB to MB」というIDを入力します。

 

<Step3>

テンプレート名と認証キーを設定します。

テンプレート名は登録対象となるテンプレート名です。なにも入力しない場合、デフォルトテンプレートにデータが登録されます。テンプレートはMotionBoardのリアルタイム連携画面より事前に作成する必要があります。

 

認証キーはMotionBoardのリアルタイム連携画面で認証キーを設定している場合は設定してください。

 

<Step4>

更新対象となるステータス名のフィールドを定義します。

ステータス名はリアルタイム連携画面のステータスタブより事前に登録する必要があります。

 

 

これで完成です。

mceclip11.png

実行してみると…

mceclip2.png

データが登録されました。

 

テンプレートによって簡単に「MotionBoard」と連携できました。ASTERIA Warpを介して「MotionBoard」とつなげることで、膨大なIoTデータを価値のある情報として扱うことができますね。

みなさんもぜひ活用してみてください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローテンプレート
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する