メモリ使用量を確認するには

フローサービスの使用メモリの状況確認

フローを実行するプロセスであるフローエンジンが使用しているメモリの使用状況はFSMC(フローサービス管理コンソール)、fsmon(モニターツール)で確認できます。ここではそれぞれのツールの操作手順について紹介します。

FSMCからメモリ使用量を確認する

1.FSMCにログインし、「ツール」-「サービス」を選択する

10-01.png

 

2.サービスプロセス一覧から「FlowService」を選択する

10-02.png

メモリ使用量は円グラフで表示されます。緑色が空きメモリ、赤色が使用中のメモリです。円全体は指定した最大メモリサイズを表します。

HINT
「状態」-「フロー」の「グラフ」画面の上部にある「メモリ使用量」というグラフで期間ごとの推移状況を確認することもできます。

10-03.png

初期メモリサイズ、最大メモリサイズを変更するには
「設定」-「サービス」-「フロー」を選択し、「起動」 の「編集」をクリックして、表示される画面の「初期メモリサイズ」、「最大メモリサイズ」にMB(メガバイト)単位で入力し、「保存」をクリックします。変更を有効にするには、フローサービスの再起動が必要です。

10-04.png

 

fsmonからメモリ使用量を確認する

1.GUI版のfsmonを起動する

10-05.png

 

2.画面上段で「FlowService」を選択する

10-06.png

上段に表示される「Memoryサイズ」というグラフで使用しているメモリ量が確認できます。

HINT
コンソール版のfsmonではFlowServiceのTOTL( 総獲得メモリ使用量)とFREE( TOTLのうち使用していないメモリ量)で確認できます。
10-07.png

フローサービス管理コンソールAPI(MC API)からの確認
MC APIの「/service/info/list」APIの実行結果からも使用しているメモリ量を確認できます。

メモリ使用量の高いフロー、コンポーネントの特定
メモリ使用量の高いフロー、コンポーネントを特定するには、それぞれのフローを単体で実行してメモリ使用量を確認するなどの方法になります。例えばモニターツール「fsmon」を使用してリアルタイムでメモリ消費量を監視しながら、フローをステップ実行するという方法があります。

CAUTION
FSMCの起動画面で初期メモリサイズ、最大メモリサイズを変更し、FlowService全体で使用するメモリサイズを設定できますが、フロー毎に使用するメモリサイズを個別に設定したり、1つのフローに割り当てるメモリを制限したりすることはできません。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する