使用するJavaを変更するには

使用するJavaの変更

ASTERIA Warp 1610以降のバージョンでは実行環境としてJava Runtime Environment(JRE)を使用します。ここでは、フローサービスとフローデザイナーでそれぞれ使用しているJavaを変更する方法を説明します。

フローサービスで使用するJavaを変更する

1.FSMCにログインし、「システム」-「サーバー情報」を選択、「Java情報」の「変更」をクリックする

4-01.png

Java情報欄には使用しているJavaのベンダー、バージョン、データモデルの情報も表示されています。

HINT
操作の前に、あらかじめ変更したいバージョンのJavaをインストールしておきます。

2.「Javaパス」に対象のJavaのパスを入力し、「保存」をクリックする

4-02.png

保存が完了し、再起動を促す画面が表示されたら「OK」をクリックして閉じます。設定を有効にするためには、フローサービスを再起動します。

CAUTION
Javaの自動更新により古いJavaが削除され、アップデート後にASTERIA Warpが起動できなくなってしまった場合には、削除されてしまったJavaを再度インストールしてください。

 

フローデザイナーで使用するJavaを変更する

1.フローデザイナーの「ツール」メニューから「環境設定」をクリックする

4-03.png

 

2.「Java」タブを選択し、「ロケーション」の右端の「…」をクリックする

4-04.png

Java情報タブには使用しているJavaのベンダー、バージョン、データモデルの情報も表示されています。

HINT
操作の前に、あらかじめ変更したいバージョンのJavaをインストールしておきます。
ASTERIA Warp 1806までのフローデザイナーでは、32bit版のJavaを使用します。

3.ファイルを選択するダイアログから対象の「java.exe」を選択し、「開く」をクリックする

4-05.png

 

4.「OK」をクリックする

4-06.png

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というダイアログが表示されたら「はい」を選択します。その後、再起動を促すダイアログが表示されたら「OK」をクリックして閉じます。

HINT
デザイナーの環境設定でJavaパスの書き換えができないときは、下記の方法でパスを変更してください。

  1. デザイナーをアンインストールする
  2. 新しいJavaをインストールする
  3. 再度デザイナーをインストールし、新しいJavaのパスを指定する
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する