ExceptionReturnコンポーネントの「トランザクション」を「ロールバック」にしてもロールバックされない

ExceptionReturnコンポーネントは基本的にエラー発生元に戻って処理を継続するためのコンポーネントです。
処理が継続しますのでトランザクションは戻ったフローの最後のEnd系コンポーネントの「トランザクション」の指定(コミット/ロールバック)に従います。
この時ExceptionReturnコンポーネントでの「トランザクション」の指定は無視されます。
 
ExceptionReturnコンポーネントで指定した「トランザクション」の指定(コミット/ロールバック)が有効になるのはエラー発生元ですぐに終了する下記条件に適合する場合のみです。
  • エラー発生元:トランザクションとしての最上位フロー(かつLoopEndによるループ内でない)
  • ExceptionReturnコンポーネントの「エラー処理後の動作」が「フローの終了」
 
戻る必要がないのであれば、エラー処理の最後はExceptionReturnコンポーネントではなく、通常のEnd系コンポーネントを使用してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する