コンポーネントにてエラーが発生した時、エラー処理の動作について教えてください

以下の通り動作します。

1.特定エラーが発生した場合

  • コンポーネントの特定エラー処理プロパティが「(なし)」以外の場合
    コンポーネントの特定エラー処理で設定した内容でエラー処理が行われます。
  • コンポーネントの特定エラー処理プロパティが「(なし)」の場合
    コンポーネントの汎用エラー処理 → フローの汎用エラー処理順でエラー処理が行われます。

2.汎用エラーが発生した場合

  • コンポーネントの汎用エラー処理プロパティが「(なし)」以外の場合
    コンポーネントの汎用エラー処理で設定した内容でエラー処理が行われます。
  • コンポーネントの汎用エラー処理プロパティが「(なし)」の場合
    フローの汎用エラー処理が行われます。

 

例えば、FileGetコンポーネントでエラーが発生した場合、エラー処理プロパティの設定によって以下の通り処理されます。

■特定エラー(ファイルが存在しない)エラーが発生した場合

コンポーネントのプロパティ設定

フローのプロパティ設定

エラー処理の動作
特定エラー 汎用エラー 汎用エラー
(なし) (なし) (なし) フローが異常終了となります。
(なし) (なし) (なし)以外 フローの汎用エラー処理が実行されます。
(なし) (なし)以外 (なし)以外 コンポーネントの汎用エラー処理が実行されます。
(なし)以外 (なし)以外 (なし)以外 コンポーネントの特定エラー処理が実行されます。

■汎用エラーが発生した場合

コンポーネントのプロパティ設定

フローのプロパティ設定

エラー処理の動作
特定エラー 汎用エラー 汎用エラー
(なし) (なし) (なし) フローが異常終了となります。
(なし) (なし) (なし)以外 フローの汎用エラー処理が実行されます。
(なし) (なし)以外 (なし)以外 コンポーネントの汎用エラー処理が実行されます。
(なし)以外 (なし)以外 (なし)以外 コンポーネントの汎用エラー処理が実行されます。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • エラー処理
  • 汎用エラー
  • 特定エラー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する