CDataオプションにおける注意事項

現状でCDataアダプターをご利用する際には下記のような注意事項があります。

 ■共通

  1. OAuth認証
    • 「Initiate OAuth」に「GETANDREFRESH」を指定することでOAuthトークンを自動で取得・更新することができます。この時、最初にOAuthトークンを取得する際にブラウザが起動されますので、ASTERIA WarpをWindowsサービスではなくスタートメニューから起動してください。
      OAuthトークンの取得後はWindowsサービスで利用できます。
    • WindowsサービスでASTERIA Warpを利用する場合は、「OAuth Settings Location」を指定し、Windowsサービスがアクセスできるパスを指定する必要があります。
    • その他、OAuth認証の設定についてはCData社のヘルプに詳しく書いてありますのでそちらを参考にしてください。
      https://cdata.com/jp/kb/help
  2. トランザクション
    • トランザクションには対応していません。 
  3. API Rate Limit
    • アダプターによっては一定時間あたりに使用できる回数に制限があります。
      アダプターのログで使用状況を確認することができます。
  4. カスタムオブジェクト
    • 追加したカスタムオブジェクトがSQLビルダー画面などで表示されない場合は以下の通り、該当コネクションのスキーマ情報のキャッシュをリセットすることで表示されます。
      1. 新規フローを作成して各アダプターのSQLCallコンポーネントを配置し、以下の通りプロパティ設定を行う
        • コネクション名:既存のコネクション
        • 実行する処理:「任意のSQLを実行」
        • SQL文:「RESET SCHEMA CACHE」
      2. フローを実行する

■各アダプター

 

※上記は現在、弊社の方で確認した内容について記載しています。
今後、不具合対応やバージョンアップなどで改善される場合は確認出来次第、反映します。
※ASTERIA Warpのバージョン毎対応表は下記をご参照ください。
オプションアダプター対応表(フルサポート対象)
※他にCData固有の制限事項について詳しくはCData社のJDBCドライバーのヘルプをご参考ください。
http://www.cdata.com/jp/kb/help/

 

 

以上

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する