Velocityコンポーネントで使うテンプレートの中で#includeでファイルを指定するとエラーになってしまいます

Velocityではテンプレートの中で#includeや#parseを使うと外部ファイルに書かれたテンプレートを取り込むことができます。このとき、ファイルが見つからない場合は次のようなエラーになります。

Unable to find resource 'initialize.vm'
Velocityコンポーネントでは、外部参照するファイルの起点はユーザーのホームディレクトリになります。プロジェクトフォルダや参照元ファイルの置かれたフォルダではありませんので、注意してパスを指定してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • parse
  • テンプレート
  • パス
  • include
  • Velocity
  • 起点
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する