FTPを利用するには

FTPクライアントとしての利用

フローサービスでは、FTPサーバーに接続して機能を利用する「FTPクライアント」のためのコンポーネントも複数用意されており、手軽に使用できます。サーバー上のファイル一覧を取得したり、ファイルのダウンロードやアップロードといったことが可能になります。

FTPサーバーのファイル一覧を取得する

1.フローを表示し、「インターネット」タブのFTPFileListコンポーネント(「FTPサーバー上のファイル一覧を取得します」)をドラッグして配置する

7-5-01.PNG

HINT
FTPクライアントとして利用するには
あらかじめFTPコネクションを作成しておく必要があります。コネクションペインで「FTP」のコネクションを作成し、サーバーのホスト名、ポート番号、ユーザー名とパスワードなどを設定します。終了したら設定を保存し、接続テストを実行して確認します。なお、FTPコネクションは、FSMC(フローサービス管理コンソール)の「設定」-「コネクション」-「FTP」-「新規」から作成することもできます。

 

2.FTPFileListコンポーネントの「コネクション名」プロパティに、作成済みのFTPコネクションを指定する

7-5-02.PNG

その他のコンポーネントも配置してフローを実行すると、指定したコネクションで接続したFTPサーバー上のファイル一覧が出力されます。

HINT
FTPFileListコンポーネントは、FTP サーバーから、条件に一致したファイル名のリストを取得します。
FTPFileListコンポーネントの「ファイル名のパターン」プロパティでは、「*」(0 個以上の任意の文字)と「?」(任意の1 文字)の2つのワイルドカードを使用してファイルの種類を絞り込むこともできます(空の場合は絞り込みは行われません)。このコンポーネントでは「**」は使用できません。

 

FTPでファイルをダウンロードする

1.フローを表示し、「インターネット」タブのFTPDownloadコンポーネント(「FTPサー バー上のファイル・フォルダーをダウンロードします」)をドラッグして配置する

7-5-03.PNG

 

2. FTPDownloadコンポーネントの「コネクション名」プロパティに、作成済みのFTP コネクションを指定する

7-5-04.PNG

HINT
FTPダウンロード用のコンポーネント
FTPでファイルをダウンロードする場合、以下の2つのコンポーネントのいずれかを利用できます。FTPDownloadコンポーネントでは、ダウンロードしたファイルを直接ファイルに保存するため、FTPGetコンポーネントよりもメモリの使用量が少なくて済みます。

アイコン コンポーネント名 メニュー名
FTPGet FTPサーバー上のファイルを読み込みます
FTPDownload FTPサーバー上のファイル・フォルダーをダウンロードします

 

3.「ダウンロードファイルパス」および「保存先ファイルパス」をそれぞれ指定する

7-5-05.PNG

「ダウンロードファイルパス」プロパティの設定により、フォルダーやファイルの指定もできます。また、「保存先ファイルパス」プロパティには、ダウンロードしたファイルを保存するファイルまたはフォルダーのパスを指定します。 フローを実行すると、指定したFTPサーバーへの接続が行われ、対象のファイルまたはフォルダーが、保存先として指定した場所にダウンロードされます。

HINT
「ダウンロードファイルパス」プロパティでは、「*」(0 個以上の任意の文字)と「?」(任意の1文字)の 2つのワイルドカードを使用できます。ワイルドカードが指定された場合は、保存先ファイルパスの指定はフォルダー名として解釈されます。また、フォルダーが指定された場合は、そのフォルダー内のすべてのファイル、フォルダーがダウンロードされます。なお、絶対パスでの指定はできません。

 

FTPでファイルをアップロードする

1.フローを表示し、「インターネット」タブのFTPUploadコンポーネント(「FTPサーバー にファイル・フォルダーをアップロードします」)をドラッグして配置する

7-5-07.PNG

 

2.FTPUploadコンポーネントの「コネクション名」プロパティに、作成済みのFTPコネクションを指定する

7-5-08.PNG

HINT
FTPアップロード用のコンポーネント
FTPサーバーへファイルをアップロードする場合、以下の2つのコンポーネントのいずれかを利用できます。 FTPUploadコンポーネントでは、ファイルを直接アップロードするため、FTPPutコンポーネントよりもメモリの使用量が少なくて済みます。

アイコン コンポーネント名 メニュー名
FTPPut FTPサーバーにデータを送信します
FTPUpload FTPサーバーにファイル・フォルダーをアップロードします

 

3.「アップロードファイルパス」に、アップロード対象のフォルダーやファイルのパスを指定する

7-5-09.PNG

 

4.「保存先ファイルパス」に、アップロード先サーバーでのフォルダーパスまたはファイルパスを相対パスで指定する

7-5-10.PNG

「アップロードファイルパス」プロパティでは、「**」と 「*」と「?」の3つのワイルドカードを使用できます。また、フォルダーを指定した場合は、そのフォルダー内のすべてのファイル、フォルダーがアップロードされます。なお、「保存先ファイルパス」では絶対パスでの指定はできません。

HINT
FTPScript コンポーネント


フローサービスで用意されているFTP関連コンポーネントとして、FTPScriptコンポーネント(「FTPスクリプトを実行します」)もあります。パレットの「インターネット」タブから利用できます。FTPScriptコンポーネントでは、指定したスクリプトファイルに記述されているFTPコマンドを、FTPサーバーに接続して順次実行します。 フォルダーの作成や削除、ファイルのアップロードや削除といった操作をコマンドを使って実行できます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • FTP
  • FTPScript
  • FTPFileList
  • FTPGet
  • FTPPut
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する