FTPの受信時にフローを起動するには

FTP起動のフロー

ASTERIA WARPのFTPサーバー機能では、FTPクライアントからFTPサービスの指定のフォルダー(初期状態ではユーザーのホームフォルダー)にファイルがアップロードされたタイミングで、フローを起動し、処理を実行させることができます。

FTP起動用のフローを作成する

1.新しいフローの作成時に、「フローの作成」ダイアログで「Ftpフロー」を選択して作成する

7-7-01.PNG

 

2.設定済みのフローウィンドウが表示されるので、処理に必要なコンポーネントを配置し、接続する

7-7-02.PNG

 

3.終了コンポーネントを接続してフローを完成させる

7-7-03.PNG

上の例では追加のフローとして、アップロードされたFTPファイルパスとファイル名、アップロード(フロー実行) の日時をファイルへ出力する処理を、MapperコンポーネントとFilePutコンポーネントを使って作成しています。実際のフローは、アップロードのタイミングで実行されるよう、次項の手順で実行設定を定義します。

HINT
「フローの作成」ダイアログで「フロー」タブの「Ftpフロー」を選択してフローを作成すると、プロパティが設定済みの FileGetコンポーネントが配置されます。FileGetコンポーネントは、FTPクライアントからアップロードされたファイルを取得できるように設定されていますが、 処理の内容によって不要な場合は削除してもかまいません。

 

FTPの実行設定を定義する

1.対象のフローをフロー一覧で選択し、「実行」メニューの「実行設定」-「FTP」を選択する

7-7-04.PNG

 

2.「実行設定」ダイアログが表示されるので、FTPのアップロードを監視するフォルダーを指定し、登録する

7-7-05.PNG

HINT
対象のフローを変更するには
「実行設定」ダイアログの「処理フローの設定」の欄に表示されているフローを変更する場合は、「選択」をクリックし、表示される「フローの選択」の一覧から、対象のプロジェクトとフローを選択して「OK」をクリックします。

 

3.「閉じる」をクリックして「実行設定」ダイアログを閉じる

7-7-06.PNG

FTPクライアントによってサーバーにファイルがアップロードされた時点でフローが動作し、設定に基づいて処理が実行されます。

HINT
FTPサービスに接続するアカウントについて
フローサービスのアカウントは、初期状態ではFTPサービスを使用しない設定になっているため、前述したように、FSMC の「ツール」-「アカウント」から、FTPユーザーとして使用できるように設定を変更する必要があります。アカウントが FTPサービスを使用しない設定の場合、「実行設定」ダイアログボックスに「ユーザーがFTPを使用する設定になっていません」というメッセージが表示されます。
フローサービスのFTPに接続した場合、ログイン直後のホームフォルダーは、ユーザーのホームフォルダーになります。

作成した実行設定を削除するには
「実行」メニューの「実行設定」-「一覧」を選択して「実行設定」ダイアログを表示し、左側の「タイプ別」タブを クリックして「FTP トリガー」の一覧から対象の実行設定を選択します。ダイアログ上部のツールバーにある 「削除」アイコンをクリックすると、確認のダイアログが表示されるので、削除する場合は「はい」をクリックして削除します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • FTP
  • FTPサービス
  • FTPトリガー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する