WindowsのサービスからASTERIA Warp 2012が起動できない現象について

 
一部Windowsサーバーにて、WindowsのサービスからASTERIA Warp 2012が起動できない現象を確認いたしました。
(Windowsのスタートメニューからの起動は問題ない現象です)

 

■現象
Java VMのバージョン8u261以降を動作環境とするASTERIA Warp 2012をWindowsのサービスにて起動しようとすると以下のようなメッセージが出力されます。
ローカルコンピューター上のASTERIA Warpサービスは起動して停止しました。  
サービスの中には、ほかのサービスやプログラムで使用されていない場合は自動的に
停止するものがあります。
イベントビューアーのApplicationログには以下のようなメッセージが出力されます。
ソース "ASTERIA Warp" からのイベント ID 0 の説明が見つかりません。このイベントを発生させるコンポーネントがローカル コンピューターにインストールされていないか、インストールが壊れています。ローカル コンピューターにコンポーネントをインストールするか、コンポーネントを修復してください。

イベントが別のコンピューターから発生している場合、イベントと共に表示情報を保存する必要があります。

イベントには次の情報が含まれています: 

Can not invoke start main method: Can not load JVM: C:/Program Files/Java/jdk1.8.0_271/jre/bin/server/jvm.dll

 

■原因
Java VMのバージョン8u261以降を動作環境とするASTERIA Warp 2012が使用しているライブラリ「vcruntime140.dll」が認識されないため。

 

■対応策
  1. 本現象に対応した公開パッチを適用する 
    次の公開パッチを適用して問題が解決するかご確認ください。
    Windowsのサービスからフローサービスを起動できない不具合を修正

  2. Java VMのバージョン8u251以前を動作環境とする
    動作環境としてJava VMのバージョン8u251以前を利用する方法です。 
    使用するJava VMのバージョンを変更するには下記の情報をあわせてご参考ください。
    使用するJavaを変更するには

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する