Google カレンダーアダプターにおける注意事項

現状ではGoogle カレンダーアダプターをご利用する際には下記のような注意事項があります。

■共通

 CDataアダプターの利用上の共通的な注意事項については下記をご参照ください。

  1.  

■動作環境

  • ASTERIA Warp 1712以降

■アダプターの動作

  1. GoogleCalendarGetコンポーネント
    • ソートができません。
    • GoogleCalendarの画面で設定した一部の項目のデータを取得することができません。
    • 権限を付与した他のユーザーのカレンダーがSQLビルダー画面で表示されない場合は以下の通り、該当コネクションのスキーマ情報のキャッシュをリセットすることで表示されます。
      1. 新規フローを作成してGoogleCalendarSQLCallコンポーネントを配置し、以下の通りプロパティ設定を行う
        • コネクション名:既存のコネクション
        • 実行する処理:「任意のSQLを実行」
        • SQL文:「RESET SCHEMA CACHE」
      2. フローを実行する
  2. GoogleCalendarPutコンポーネント
    • 一部のフィールドに対してデータの登録・更新処理ができません。

上記は現在、弊社で確認した内容について記載しています。
今後、不具合対応やバージョンアップなどで改善される場合は確認出来次第、反映します。

他にCData固有の制限事項について詳しくはCData社のJDBCドライバーのヘルプをご参考ください。

ASTERIA Warpバージョン ヘルプページ
1912

http://cdn.cdata.com/help/EGE/jp/jdbc/

1906
1812

http://cdn.cdata.com/help/EGD/jdbc/ (英語)

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する