Microsoft SharePointアダプターにおける注意事項

現状ではMicrsoft SharePointアダプターをご利用する際には下記のような注意事項があります。

■共通

 CDataアダプターの利用上の共通的な注意事項については下記をご参照ください。

  1.  

■動作環境

  • ASTERIA Warp 1610以降

■アダプターの動作

  1. SharePointGetコンポーネント
    • 「日付と時間」型のフィールドに対してWhere条件検索ができません。
    • 複数行テキスト型のフィールドの場合はソートができません。
  2. SharePointPutコンポーネント
    • バッチ処理件数が2以上の場合、フローの実行でエラーが発生する場合があります。
    • バッチ処理件数は1に指定してください。
  3. SharePointSQLCallコンポーネント
    • CopyDocumentの実行では返却値を取得することができません。

上記は現在、弊社で確認した内容について記載しています。
今後、不具合対応やバージョンアップなどで改善される場合は確認出来次第、反映します。

他にCData固有の制限事項について詳しくはCData社のJDBCドライバーのヘルプをご参考ください。

ASTERIA Warpバージョン ヘルプページ
1912

http://cdn.cdata.com/help/RSE/jp/jdbc/

1906
1812

http://cdn.cdata.com/help/GFD/jdbc/



この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する