Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operationsアダプターにおける注意事項

現状ではMicrosoft Dynamics 365 for Finance and Operationsアダプターをご利用する際には下記のような注意事項があります。

■共通

 マルチセレクトオプション(旧 CDataオプション)の利用上の共通的な注意事項については下記をご参照ください。

  1.  

■動作環境

  • ASTERIA Warp 1812以降
    • ASTERIA Warp 2212以前のバージョンから、ASTERIA Warp 2306以降のバージョンへバージョンアップする場合、更新手順についての注意事項があります。詳細は次の記事をご確認ください。

■アダプターの動作

 

 

■更新履歴

  • ASTERIA Warp 2306
    • 今回のバージョンから、内部のライブラリーが「Dynamics365」としてD365Salesと統合されました。
      コンポーネントは引き続き「D365FinOpGet」「D365FinOpPut」「D365FinOpSQLCall」として利用でき、フローの変更は必要ありません。
      ただし、コネクションについては「D365FinOpコネクション」は利用できなくなり、「Dynamics365コネクション」として再設定する必要があります。
      詳細は次の記事でご確認ください。
      https://support.asteria.com/hc/ja/articles/19924513186969
    • date型のカラムからデータを取得するとき、ASTERIA Warp側ではDateTime型として処理されます。その際に取得される時刻が変更されました。
      変更前 09:00:00.000 → 変更後 00:00:00.000
    • この変更は、date型のカラムをWHERE条件とする場合にも適用されます。
    • 以前のバージョンでdate型のカラムにデータを書き込んでいた場合、時刻部に21:00:00.000や09:00:00.000の値を含んでいる場合があります。それらのデータをこのバージョンで日付指定で取得する場合は、時刻部をそれらの値に設定する必要があります。暗黙的な変換に頼る場合、00:00:00.000として取り扱われますので、検索条件にマッチしない場合があります。
  • ASTERIA Warp 2212
    • date型のカラムからデータを取得するとき、ASTERIA Warp側ではDateTime型として処理されます。その際に取得される時刻が変更されました。
      変更前 21:00:00.000 → 変更後 09:00:00.000
    • この変更は、date型のカラムをWHERE条件とする場合にも適用されます。
  • ASTERIA Warp 2112
    • 下記のシステムテーブルが追加されました。
      • sys_foreignkeys
    • 接続プロパティ「認証スキーム」に「AzureServicePrinciple」値が追加されました。
    • 下記の接続プロパティが追加されました。
      • OAuthJWTCert、OAuthJWTCertType、OAuthJWTCertPassword、OAuthJWTCertSubject、OAuthJWTIssuer、OAuthJWTSubject
    • 他の変更履歴は下記でご確認ください。
      https://cdn.cdata.com/help/FFG/jp/jdbc/pg_changelog.htm
  • ASTERIA Warp 2012
    • コネクションの必須パラメータの名称が「OrganizationUrl」から「OrganizationURL」に変更されました。
      以前作成したコネクションが表示上消えてしまいますので、コネクションを再作成してください。
    • 次のストアドプロシージャが追加されました。
      CreateSchema、GetAdminConsentURL

上記は現在、弊社で確認した内容について記載しています。
今後、不具合対応やバージョンアップなどで改善される場合は確認出来次第、反映します。

他にマルチセレクトオプション固有の制限事項について詳しくは以下のヘルプをご参考ください。

ASTERIA Warpバージョン ヘルプページ
2312

https://cdn.cdata.com/help/FFH/jp/jdbc/

2306
2212

https://cdn.cdata.com/help/FFG/jp/jdbc/

2206
2112
2106

http://cdn.cdata.com/help/FFF/jp/jdbc/

2012
1912

http://cdn.cdata.com/help/FFE/jp/jdbc/

1906
1812

http://cdn.cdata.com/help/MFD/jdbc/

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する