Salesforceアダプターにおける注意事項

現状ではSalesforceアダプターをご利用する際には下記のような注意事項があります。

■共通

 マルチセレクトオプション(旧 CDataオプション)の利用上の共通的な注意事項については下記をご参照ください。

  1.  

■動作環境

  • ASTERIA Warp 1610以降

■アダプターの動作

  1. SalesforceGetコンポーネント
    • 指定した条件に一致するレコードが無い場合はエラーが発生する場合があります。
      例)AuthSession、BusinessHoursなど
    • 検索時にソートを指定してもソートができないデータ型があります。
      例)テキスト(暗号化)、ロングテキストエリア、リッチテキストエリア、選択リストなど
    • 検索時にWhere条件に指定できないデータ型があります。
      例)テキスト(暗号化)、ロングテキストエリア、リッチテキストエリアなど

■更新履歴

  • ASTERIA Warp 2012
    • SalesforceのTime型に対応するアダプターのデータ型が「String」型から「DateTime」型に変更されました。
    • SalesforceのCurrency型に対応するアダプターのデータ型が「Double」型から「Decimal」型に変更されました。
    • 「Formulas」ビューが追加されました。
      指定したテーブルの数式を取得することができます。
    • 「Undelete」ストアドプロシージャが追加されました。
      削除されたレコードを Salesforce のごみ箱から復元します。

上記は現在、弊社で確認した内容について記載しています。
今後、不具合対応やバージョンアップなどで改善される場合は確認出来次第、反映します。

他にマルチセレクトオプション固有の制限事項について詳しくは以下のヘルプをご参考ください。

ASTERIA Warpバージョン ヘルプページ
2106

http://cdn.cdata.com/help/RFF/jp/jdbc/

2012
1912

http://cdn.cdata.com/help/RFE/jp/jdbc/

1906
1812

http://cdn.cdata.com/help/GFD/jdbc/

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する