Oracleに対してUpdateに失敗することがあります

OracleではCHAR型のフィールドに対して、最大文字数に満たない場合に
文字列の後部を空白文字で埋められて書き込まれます。
 
 例)最大文字数が4の場合 
 'ABC' -> 'ABC 'として書き込まれる
 
しかしRDBPutでUpdateする場合など、キーフィールドの比較において空白で埋められる
ことがないため、比較で一致せずに正しくUpdateできないことがあります。
 
 例)
 'ABC' と 'ABC ' が一致しない
 
このような場合は下記のようにご対応ください。
 
 対象フィールド(CHAR型でキーになっている)については、ASTERIA側で空白を埋めてから渡す
 
 例)
 RDBPutの前段MapperでLeft関数を使用して文字列後部に空白を埋める
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する