RDBに接続しようとすると「クローズされた接続です。」というエラーになることがあります

RDBに接続しようとすると「クローズされた接続です。」というエラーになることがあります。これはコネクションプールを利用した場合に、コネクションプールにコネクションが格納されている間にRDBサーバーが再起動されるなどして接続が切れてしまった場合などが考えられます。

通常であれば、ASTERIAはコネクションを利用する前にJDBCドライバーの機能を使用してコネクションが利用できる状態かどうかを確認しますが、古いバージョンのJDBCドライバーなどではこの機能がサポートされていないこともあり、そのような場合に上記のようなエラーが発生することがあります。

このエラーが一度発生するとコネクションプールがクリアーされて、以降の接続でRDBサーバーに再接続するので正常に処理できるようになります。

また、FAQ「コネクションプールを利用するとエラーになります」もあわせて参考にしてください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • RDB
  • コネクション
  • コネクションプール
  • エラーメッセージ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する