RDBPutコンポーネントで「Function does not supported.」というエラーになります

バージョン4.5.0からRDBPutコンポーネントに「バッチ処理件数」プロパティが追加され、バッチ処理で一度に送信するレコード件数が設定できます。接続先データベースやJDBCドライバーがバッチ処理に対応していない場合、「バッチ処理件数」プロパティに2以上の値(初期値100の場合も含む)を設定したときに上記のメッセージが出力されることがあります。
このメッセージが出力された場合はRDBPutコンポーネントの「バッチ処理件数」プロパティに1を設定するか、またはSQLCallコンポーネントを使用してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • エラーメッセージ
  • RDBPut
  • バッチ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する