FlowInvokerコンポーネント

今回は、FlowInvokerコンポーネントのお話しです。
 

◇FlowInvokerって何?

SubFlowコンポーネントと同じく、他のFlowを呼び出すコンポーネントです。
SubFlowコンポーネントとの違いはおおよそ以下の通り。
 
  • 他のASTERIAユーザーのFlowを呼び出せます。
  • 呼び出すFlowを実行時に指定できます。
  • 実行ユーザーを実行時に指定できます。
  • トランザクション範囲や、セッション、リクエストのスコープが異なります。
※Flow Engine上では、FlowInvokerもSubFlowと同様、呼び出し側Flowと同一スレッドで実行されます。
 

◇FlowInvokerってどんなときに使うの?

  • 処理するデータの値によって、呼び出すフローを切り分けたい場合、条件分岐+SubFlowに比べ、柔軟でシンプルなFlowをデザインできます。
  • 複数チームで開発している場合、Common Libraryの様に共通Flowを使いたい場合、異なるASTERIAユーザー上で開発し、利用者へは、Flow I/Fのみを公開することによって、品質評価の局所化やシステム全体の責任範囲の明確化が計れます。
以上の通り、マルチベンダーでの大規模開発における、機能単位のフロー開発などでは、責任分界や不用意な共通フローの変更防止など、FlowInvokerが活躍するのではないでしょうか。
 
fb1002.png
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • コンポーネント
  • デザイナー
  • コラム
  • フロー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する