Oracleを使用していると「ORA-01000 最大オープン・カーソル数を超えました」と表示されました

フローサービスでコネクションプールを使用するように設定した状態でフロー中の多数のRDB系コンポーネントでOracleと接続している場合、オープンカーソルの最大値を超えて以下のようなエラーを出力することがあります。

「ORA-01000 最大オープン・カーソル数を超えました。」

次のいずれかの方法で対処してください。

  • コネクション設定でコネクションプールしないように設定する。
    フローの終了に合わせてカーソルがクローズされるため、カーソル不足の発生を抑えられます。
  • Oracleでオープンできるカーソル数の上限を拡張する。
    利用されるカーソル数の計算は以下のようになります。
    「同じコネクションで同時実行されるフローの数」
      ×「そのフロー内でコネクションを使用しているコンポーネントと関数の数」
    
    ※作成したフロー1個に対する計算式です。同じコネクションを利用する異なるフローが同時に複数実行される場合は、フローごとに計算した合計となります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • RDB
  • コネクション
  • Oracle
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する