SSLのデバッグログを取得するには

HTTPSリスナーの編集

SSL通信でのデバッグログを出力することで、通信エラーなどの原因を調査できます。出力を設定するには、FSMCの「設定」-「サービス」の「フロー」画面で「HTTPSリスナー」の「編集」をクリックし、編集画面で「SSLデバッグログ」を有効にします。

1.SSLデバッグログを有効にする

9-9-01.png

FSMCにログインし、「設定」-「サービス」の 「フロー」を選択し、「HTTPSリスナー」の「編集」をクリックする

HINT
「SSL デバッグログ」を「有効」(ON)にすることで、ログが出力されるようになります。SSL通信でクライアントが接続できないなどの場合に、SSLデバッグログを出力することにより、SSL通信エラーとなっている原因の特定が容易になります。なお、「SSLデバッグログ」の初期値は「無効」(OFF)です。

2.編集画面で、「SSLデバッグログ」のボタンをクリックして「ON」にし、「保存」をクリックする

9-9-02.png

作成が完了し、再起動を促す画面が表示されたら「OK」をクリックして閉じます。設定を有効にするには、フローサービスを再起動します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • FSMC
  • HTTPS
  • SSL
  • デバッグ
  • ダンプ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する