セルの装飾情報を設定するには

セルの書式情報を設定する

1. Excelデータ書き込みのフローを作成し、配置したExcelPOIOutputコンポーネントからデータ指定用のExcelファイルを開いて、Excelビルダーを起動する

HINT
ここでは、ExcelPOIOutputコンポーネントからExcelを起動し、レコード範囲を指定したテンプレートのExcelファイルを開いてExcelビルダーを起動しています。レコード範囲やフィールド名は指定済みの状態です。

単一セルに指定したセルの書式情報を設定するには、「単一セル」タブでセル項目を選択し、「出力対象書式」で対象の書式情報項目にチェックマークを付けます。

CAUTION
「出力対象書式」のうち「表示形式」については利用できません(未対応)。

 

2.「レコードフィールド」欄で、書式情報を設定したいフィールドを選択してから、「出力対象書式」欄で、情報を読み取りたい項目にチェックマークを付ける

 

3. 設定が終了したら、「登録」をクリックしてExcelビルダーを閉じ、Excelも終了する

 

4. 指定した「出力対象項目」に対し、セルの書式情報をマッピングできるよう、ExcelPOIOutputコンポーネントの直前にMapperコンポーネントを配置し、ダブルクリックする

HINT
設定可能な書式情報
ExcelPOIOutputコンポーネントで設定可能な書式情報とその設定文字列は、以下の表のとおりです。なお、色名称文字列はMicrosoft Excelの標準色パレットに基づくもので、ユーザー定義のパレットはサポートされません。

書式設定項目

フィールド名

設定文字列

背景色

[ 項目名 ]_Background

色名称文字列

文字色

[ 項目名 ]_FontColor

色名称文字列

文字フォント

[ 項目名 ]_FontName

フォント名文字列

文字サイズ

[ 項目名 ]_FontSize

ポイント値整数

文字スタイル

[ 項目名 ]_FontStyle

通常[0]/ボールド[1] / イ タ リ ッ ク[ 2 ] / ボールド+イタリック[3]

取消線

[ 項目名 ]_StruckOut

あり[True]/ なし[False]

下線

[ 項目名 ]_UnderlineStyle

なし[0]/下線[1]/二重下線[2]/下線 (会計)[33]/二重下線(会計)[34]

計算式

[ 項目名 ]_Formula

計算式文字列

コメント

[ 項目名 ]_Comment

コメント文字列

 

5. 出力側に、指定した書式情報の項目を表すフィールドが追加されているので、マッパー関数のConst関数を使って値を表す文字列をマッピングする

Excelビルダーの「出力対象書式」でチェックマークを付けた項目が、出力側のフィールドとして表示され、Const関数で書式情報の文字列をマッピングすることで、書式情報の設定が可能になります。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Excel
  • ExcelPOIOutput
  • Excelビルダー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する