エラーを発生させるには

Exception コンポーネント

フロー処理の中で故意にエラーを発生させたい場合は、Exception コンポーネントを使用します。Exception コンポーネントのエラーメッセージやエラーコードプロパティに情報を設定すると、呼び出し元フローまたはエラー処理フローでシステム変数から参照できます。

エラー発生の処理を設定する

1. 対象のフローを表示し、エラーを発生させたい箇所へ、「コントロール」タブの Exception コンポーネント(「エラーを発生させます」)をドラッグして配置する

4-75-01.png

 

HINT

Exception コンポーネントはフロー中に複数配置できますが、そのうちのどれかにたどりついた時点でそのフローは終了します。フローがどの終了コンポーネントで終了したかということや、そのプロパティ設定によってフローの終了方法(サブフローやエラー処理フローの場合の呼び出し元フローへの復帰方法)などが決定されます。

 

2.それぞれのコネクタとコンポーネントを接続し、Exceptionコンポーネントアイコンを選択して、(必要に応じ)「エラーメッセージ」および「エラーコード」プロパティを設定する

4-75-02.png

Exception コンポーネントは、終了コンポーネントの 1 つです。コンポーネントが実行されると直ちにフローは終了します。

 

HINT

エラーメッセージを参照するには
サブフローが Exception コンポーネントで終了した場合は、サブフローで発生したエラーが呼び出し元フローに対して通知されます。「エラーメッセージ」プロパティに設定した値は、コンポーネントプロパティの「エラーメッセージ」のほか「戻り値」にも自動的に設定され、呼び出し元フローで次に配置したマッパーから参照できます。また、呼び出し元フローまたはエラー処理フローで、システム変数の「エラーメッセージ」から参照することもできます。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • Exception
  • フロー制御
  • エラー処理
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する