入力データをチェックするには

Validation コンポーネント

Validation コンポーネントを利用すると、指定された条件に基づいてストリームのデータ検証を実施できます。条件は、Validation ビルダーで指定します。データの検証結果が正しかった場合、ストリームは右側に流れます。また、検証に失敗した場合には下側に流れます。

データ検証のフローを設定する

1.対象のフローウィンドウを表示し、「ツール」タブの Validation コンポーネント(「入力データのチェック」)をドラッグして配置する

 

2.Validationコンポーネントアイコンをダブルクリックする(Validation ビルダーが表示される)

 

3.「新規アイテム追加」をクリックし、追加された行のそれぞれの項目を使って、データの評価条件を指定する

 

4.設定が終了したら「OK」をクリックして Validation ビルダーを閉じる

 

5.それぞれのコネクタにコンポーネントを接続し、フローを完成させる

対象のフローを実行すると Validation コンポーネントによりデータの検証が行われます。検証結果が正しい場合のストリームは右側に、検証に失敗した場合のストリームは下側にとそれぞれ分岐し、処理されます。

 

HINT

フローの条件分岐について詳しくは次の第 4 章を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • マッパー
  • 入力データチェック
  • Validationコンポーネント
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する