Google ドライブアダプターの紹介

ASTERIA WARP 1712のリリースに伴い、Google GSuiteと連携する以下の3つのアダプターが新たにリリースされました。

  • Google カレンダーアダプター

CDataGoogleCalendarGet.pngCDataGoogleCalendarPut.pngCDataGoogleCalendarSQLCall.png

  • Google コンタクトアダプター

CDataGoogleContactsGet.pngCDataGoogleContactsPut.pngCDataGoogleContactsSQLCall.png 

  • Google ドライブアダプター

CDataGoogleDriveGet.pngCDataGoogleDrivePut.pngCDataGoogleDriveSQLCall.png

今回は、Googleドライブアダプターについてご紹介させていただきます。

 

■事前準備

Google ドライブアダプターを利用し、Google ドライブへ接続するためにはOAuth認証情報が必要となります。
Google系のアダプターを利用するためのOAuth認証情報の取得手順、ASTERIA側のコネクション作成、および認証方法は同じですので、以下記事の事前準備の内容をご参考ください。

 ・CDataオプション紹介 〜 GoogleSheets編①
  

ここでは、Googleドライブアダプターの疑似カラムを利用するために詳細プロパティ「Pseudo Columns」を設定します。
この接続設定の値は、"Table1=Column1, Table1=Column2, Table2=Column3" の形式ですが、ここでは「"*=*"」値を設定し、全てのテーブルと全てのカラムを含めるよう指定します。

Connection_02.png


■GoogleDrivePutコンポーネントでファイルをアップロード

  1. フローの構成
    flow_01.png
    あるフォルダーのファイルをGoogleドイラブへアップロードする構成となります。
    FileListコンポーネントを利用してで指定したフォルダー配下のファイル情報(ファイル名、ファイルパス)を取得し、GoogleDrivePutコンポーネントへ設定し、アップロード処理を行います。
  2. GoogleDrivePutのテーブル選択
    flow_01_selecttable.png
    コネクション作詞時に詳細プロパティ「Pseudo Columns」を設定したので、疑似カラムが表示されます。ここではLocalFileフィールドにファイルパス情報を設定し、ファイルのアップロード処理を行います。
  3. マッパーの設定
    flow_01_mapper.png

 

■GoogleDriveSQLCallコンポーネントでファイルをアップロード

  1. フローの構成
    flow_02.png
    上記のフロー構成と同様ですが、ここではGoogleDriveSQLCallコンポーネントを利用しています。
    Googleドライブアダプターでは「UploadFile」ストアドプロシージャを利用してGoogleドライブにファイルをアップロードすることができます。
  2. GoogleDriveSQLCallのプロパティ設定
    flow_02_sqlcall_property.PNG
    GoogleDriveSQLCallのプロパティは上記のように設定しています。
    ストアドプロシージャに渡すパラメーターはGoogleDriveSQLCallのSQLパラメーターとして定義して設定します。
  3. マッパー設定
    flow_02_mapper.png

 

Googleドライブ画面でアップロードされたファイルが確認できます。

googledrive_01.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • CData
  • CDataオプション紹介
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する