フローを実行するには

フローの実行

実際のシステム運用時には、HTTP起動やスケジュール起動など、運用に合わせてフローを実行させますが、開発時にはメニュー操作からいつでもフローを実行できます。ツールバーの「実行」アイコンや「実行」メニュー、F5キーからすばやく操作が可能です。

フローを今すぐ実行する

1.ツリーペインでフローを選択し、ツールバーの 「実行」アイコンをクリックする

 

2.「フローの実行」ダイアログで「実行」をクリックする

 

3.実行結果を確認し、「閉じる」をクリックする

フローが実行され、「フローの実行」ダイアログに結果が表示されます。正常に実行されれば、ステータスバー に「正常終了」と表示されます。また、EndResponseコンポーネントが配置されている場合には、出力ストリー ムが表示され確認できることもあります。

HINT
プロジェクトを保存するには
フローデザイナーの初期設定では、フローの実行時にプロジェクトが自動的に保存されますが、ツールバーの 「保存」アイコンをクリックして保存することもできま す。編集途中で保存されていないフローの場合、ワークスペースの各タブのフロー名の前にチェックマークが表示されています。フローを保存すると、チェックマークの表示がなくなります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • プロジェクト
  • フロー実行
  • フロー
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する