フローを完成させるには

終了コンポーネントの配置

さまざまなコンポーネントの中から処理に合ったものを配置することで、フローの構成を形作るのことができます。フローの終わりには、終了コンポーネントを配置してフローを完成させます。よく使われる終了コンポーネントとして、Endと EndResponseの2つの種類があります。

Endコンポーネントを配置する

1.パレットのEndコンポーネント(「フローを終了します」)をワークスペースへドラッグする

HINT
EndとEndResponseの使い分け
よく使われるフローの終了コンポーネントとして、終了コンポーネントの入力ストリームをフローの結果とする (出力ストリームを返す)EndResponseコンポーネントと、終了コンポーネントの入力ストリームの有無にかかわらずフローの結果(ストリーム)を出力しないEndコンポーネントがあります。End コンポーネントのほうがレスポンスを返さないぶん、パフォーマンスは良くなります。

2.終了コンポーネントが配置され、接続線で連結される

HINT
一度つないだ接続線は、cキーを押しながらコンポーネ ントのコネクタ部分(接続線がつながる小さい丸印)をクリックし、新しい連結先へドラッグすることでつなぎ替えることができます。
開始コンポーネント
フローは必ず開始コンポーネントから始まります。開始 コンポーネントには、Start と HttpStart の 2 種類があり ます。Start は、通常のフローを実行するためのコンポー ネントで、HttpStart は、HTTP から起動するフローを作 成する場合に使用します。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する