スケジュールで起動されたフローをデバッグするには

スケジュールで起動されたフローのデバッグ方法をご紹介します。

スケジュールで起動とは、Schedulerからフローが起動されるということなので、(Schedulerという)外部からフローが起動されるとも言えます。
フローデザイナーのデバッグ時のダイアログを見ていただくと、プロジェクトとフローの名前の下にチェックボックスが3つ並んでいます。
一番右に「外部からフローを実行する」というチェックボックスがあります。

flow-sche-top.png

このチェックボックスにチェックを入れることでスケジュールで起動されたフローをデバッグすることができます。

では、手順を説明します。

  • 事前準備
    まず、スケジュール実行するフローを作成します。
    今回は以下のような「スケジュール」プロジェクトに「スケジュールフロー」を作成しました。
    flow-sche-flow.png

    実行設定のメニューから「一定間隔で実行」を選択します。
    flow-sche-sch-menu.png

    30秒間隔で実行するように設定し、登録します。
    flow-sche-sch-dialog.png

    準備が整いました。30秒間隔で「スケジュールフロー」が実行されています。

  • デバッグの実行
    メニューからデバッグアイコンをクリックし「フローのデバッグ」ダイアログを表示します。
    flow-sche-debug-icon.png

    flow-sche-debug-dialog1.png

    「外部からフローを実行する」と、今回は「フロー開始時にブレークする」もチェックをいれて「実行」ボタンをクリックします。
    flow-sche-debug-dialog2.png

    デバッガダイアログが表示されて、「待受中」とタイトルに表示されています。
    flow-sche-debug-1.png

    この状態でスケジュールが実行されるのを待ちます。

    30秒間隔の「スケジュールフロー」がスケジュールから実行されると、「停止中」になりデバッグを実行できるようになります。
    flow-sche-debug-2.png

    今回は「フロー開始時にブレークする」にチェックをいれていますので、Startコンポーネントからのデバッグになっています。
    flow-sche-debug-3.png

    以上でスケジュールで起動されたフローのデバッグが開始されました。

今回はスケジュールにより起動したフローのデバッグ方法を紹介しましたが、HTTPトリガーやFTPトリガーなどで起動するフローも同様にデバッグできます。外部からフローを実行したときのデバッグを使ってみて下さい。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • デバッグ
  • Tips
  • フロー
  • 外部起動
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する