「AFRM_W_2003: キューの上限値を超えました」というメッセージが出力されます

このエラーはパイプラインの実行要求がシステムで処理可能な量を上回った場合にpipeline-engine.logに出力されます。

パイプラインの実行要求は、一旦リクエストキューに入れられ、その後空いている実行スレッド(Workerスレッド)で実行される仕組みになっています。「Monitor」-「システムモニター」で、メッセージが出力された時間帯に受け付けたリクエストの数や実行状態のスレッド数を確認してください。CPUやOSの性能を考慮の上、「Settings」-「プロセス管理」の「プロセス設定」にてスレッド最大数やリクエストキュー数の設定を変更してください。

システムモニターについては、パイプラインサービスマニュアルの「コーディネーター操作ガイド」-「パイプラインを監視する」-「システムモニターを見る」を参照してください。
プロセス設定については、パイプラインサービスマニュアルの「コーディネーター操作ガイド」-「サービスを設定する」-「プロセス管理」-「プロセス設定」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • エラーメッセージ
  • キュー
  • リクエスト
  • スレッド
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する