ログに出力されるエラーコードの意味を教えてください

エラーコードは、次のようなフォーマットになっています。 
 
例)NMON_F_0001 
 
「エラーの分類」_「エラーのレベル」_「エラーの詳細番号」 
 

エラーの分類

エラーの大まかな分類となっております。 
 
主な分類の出力元は次のとおりです。
 
NMON・・・ASTERIA WARP Monitorより出力される
AFRM・・・ASTERIA WARP FrameWorkより出力される
FLEX・・・FlowServiceより出力される
HTTP・・・通信障害などにより出力される
SCH・・・スケジュール障害などにより出力される
ASSN・・・セッション障害などにより出力される
ASCN・・・コネクション障害などにより出力される
 

エラーのレベル

エラーのレベルによって次のような値になります。 
 
F:致命的エラー 
E:エラー 
W:警告 
I:情報 
 
※監視対象とするべきエラーコードについては、運用目的や環境などにより異なります。
 
エラーコードについては、エラーコード一覧を参照してください。
パイプラインサービスマニュアルの「運用ガイド」-「エラーコード一覧」
 
システムログについては、以下を参照してください。
パイプラインサービスマニュアルの「運用ガイド」-「メンテナンス」-「実行ログ」
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • パイプラインサービス
  • フローサービス
  • 運用
  • エラーメッセージ
  • ログ
  • 監視
  • エラーコード
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する