管理コンソールのバックアップ機能でバックアップするファイルを教えてください

管理コンソールの「ツール」-「メンテナンス」-「バックアップ」でのバックアップは、ユーザーデータ以外をバックアップします。
次の情報がバックアップされ、「リストア」により元の状態に戻すことができます。

■共通
・conf
 システムの設定情報・コネクションの情報・FlowService固有の設定情報
・keystore
 証明書
・statistics
 管理コンソールで表示されるグラフの元データ

 

(バージョン4.8-4.9.1)
■共通
・conf
 システムの設定情報・コネクションの情報
・keystore
 証明書
・statistics
 管理コンソールで表示されるグラフの元データ
■FlowService
・conf
 FlowService固有の設定
・data
 管理コンソールで表示されるグラフの元データ
■FTPService
・conf
 FTPService固有の設定

(バージョン4.7.1以前)
■システム環境
・conf
 システムの設定情報・コネクションの情報
・data
 証明書、InternalDataStorageのデータ
■サービス環境
・FlowService
 ・conf
  FlowService固有の設定情報
 ・data
  管理コンソールで表示されるグラフの元データ
・FTPService
 FTPService固有の設定情報

管理コンソールのバックアップ機能では次の情報はバックアップされません。
・ユーザー情報
・スケジュール
・XAトランザクションの情報
・フロー
・ユーザーコネクション

これらの情報を含めフローサービスのフルバックアップする手順は次のとおりです。

  1. フローサービスを停止する
  2. 既存の[INSTALL_DIR]と[DATA_DIR]以下すべて(バージョン4.9.1以前の場合:[INSTALL_DIR]/flowと[DATA_DIR]/flow)をバックアップ先に全てコピーする
    ※アクセス権や日付などの付加情報などのファイルの付加情報も含めてコピーされていることを確認してください。
  3. フローサービスを開始する

フルバックアップについては、フローサービスマニュアルの「運用ガイド」-「バックアップ」-「フルバックアップ」を参照してください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 運用
  • 管理コンソール
  • バックアップ
  • FSMC
  • フルバックアップ
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する