「NMON_F_0003: 予期せぬ終了が実行されます」というメッセージが出力されます

このメッセージはASTERIA Warp内のプロセスが外部から強制終了された時などに出力されます。たとえば、WindowsのタスクマネージャーやUnixのkillコマンドなどでJavaプロセスを強制終了した場合などは、ASTERIA Warpのモニタープロセスが強制終了を検出し、このようなメッセージを出力した後に自動再起動を試みます。

なお、タイミングによっては下記メッセージが出力される場合があります。

 

NMON_E_1004: プロセスが異常終了しました


プロセスの構成については「フローサービスマニュアル」の「はじめに」-「フロー機能」-「フローサービスのプロセス構成」を参照してください。(フローサービスのみ)

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する