「AFRM_W_2007: キューの上限値に近づいています (最大値:64 現在値:48) 」というログが出力されます

FlowService.logに以下のような内容のログが出力されることがあります。

WARN [framework,FlowService.FlowService-Engine.accepter.1] AFRM_W_2007: キューの上限値に近づいています (最大値:64 現在値:48)

これは、フローサービスに対する負荷が高く、フローのリクエストを処理し切れなくなっている状態を示します。暫定処置としてはフローサービスのリクエストキューサイズを大きくすることが有効です。キューの上限値を超えるとフローのリクエストは破棄されます。キューサイズの設定は、フローサービス管理コンソールの「設定」-「サービス」-「フロー」の「フローエンジン」をクリックして「リクエストキューサイズ」で変更することができます。

キューのサイズを大きくしても、フローの処理能力が向上するわけではありません。長期的には負荷状況を見ながら、スレッド数の調整、ハードウェアの増強やロードバランスなどを検討してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 運用
  • エラーメッセージ
  • キュー
  • 上限値
  • 負荷
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する