ベリサイン社の証明書を使っているサーバーに接続するとエラーになります

ベリサイン社の発行しているサーバー証明書は、通常、中間認証局と呼ばれる認証局から発行されます。ベリサイン社のルート認証局から直接サーバー証明書を発行するのではなく、ルート証明書から認証された中間認証局と呼ばれる認証局からサーバー証明書を発行します。

SSL通信では、SSLサーバーから受信したサーバー証明書がクライアント側で信頼している認証局から発行されている証明書かどうかを確認して通信が許可される仕組みになっています。ASTERIAでは、ベリサイン社のルート認証局の証明書だけではサーバー証明書が信頼できるかどうかを確認できないため、中間認証局の証明書をASTERIA側に登録しておく必要があります。

ASTERIAへの中間証明書の登録は、フローサービス管理コンソールの「設定」-「SSL」-「サーバ認証局」で行います。登録手順の詳細については「フローサービス管理コンソールオンラインヘルプ」の「設定」-「SSL」-「サーバ認証局」を参照してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • コンポーネント
  • 証明書
  • ベリサイン
  • 管理コンソール
  • SSL
  • VeriSign
  • 中間証明書
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する