ログの出力レベルを変更してもログの内容が変わりません

ログの出力レベルは、サービス全体とFlowServiceのそれぞれに対して設定することができます。設定が有効になる対象ファイルがそれぞれ異なるため、適切に設定してください。

それぞれの出力レベルの設定が有効になるのは次のログです。

サービス名「サービス全体」
  • asteria-console.log
  • asteria.log
サービス名「FlowService」
  • FlowService.log
  • FlowAccess.log
  • FlowCompile.log
  • FlowProfile.log
ログの出力レベルは、フローサービス管理コンソールの「設定」-「ログ」-「システム」画面で設定します。設定を変更した後は、フローサービスの再起動が必要ですので注意してください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • 運用
  • 管理コンソール
  • ログ、出力レベル
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する