フローがタイムアウトしたときの動作について教えてください

フローが「タイムアウト(秒)」プロパティで示されるタイムアウト値以内に終了しなかった場合には、実行をリクエストしたクライアント(フローデザイナー、ブラウザ、flow-ctrl等)に「フローの実行がタイムアウト まで終了しませんでした」とレスポンスが返ります。この場合でもフローの実行は継続します。「タイムアウト(秒)」プロパティの初期値は180秒です。
※このフローのプロパティは、フローデザイナーのツリーペインでフローをクリックするとインスペクタに表示されます。

ここで、FlowService.logに「スレッドはタイムアウトまでに終了できませんでした」というログが出力されます。このログを出力しないようにするには管理コンソールの以下の値を長くするなど調整してください。
  ・設定 - サービス - フロー - フローエンジン 画面の"監視タイムアウト"項目
  ・設定 - サービス - フロー - HTTPリスナー 画面の"監視タイムアウト"項目

また、「AFRM_W_2002: スレッドはタイムアウトまでに終了しませんでした : FlowService.Admin-HTTPD.worker.XX」というログが出力される場合には、 管理コンソールの以下の値を長くするなど調整してください。
  ・設定 - サービス - フロー - フローデザイナーリスナー 画面の"監視タイムアウト"項目

サブフローのタイムアウトについては、常に呼出し元フローのタイムアウト値が 有効になり、サブフロー側のタイムアウト設定は無視されます。 例えば、設定によって次のようになります。

  呼出し元フローのタイムアウト値:600   サブフローのタイムアウト値:180
    → 600秒でタイムアウト

  呼出し元フローのタイムアウト値:180   サブフローのタイムアウト値:600
    → 180秒でタイムアウト

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • フローサービス
  • アーキテクチャ
  • 管理コンソール
  • タイムアウト
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する