任意のSQL文を実行するには

SQLCallコンポーネント

SQLCallコンポーネントを使うと、任意のSQL文やストアドプロシージャを実行できます。 SELECT文など結果セットを得ることのできる式の場合は結果レコードが出力ストリームとなり、そうでない場合は、入力ストリームがそのまま出力されます。

テーブル作成のSQL文を設定する

1. フローウィンドウを表示し、「データベース」タブから SQLCallコンポーネント(「SQL文を実行します」)をドラッグして配置する

6-118-01.png

2. SQLCallコンポーネントのインスペクタの「コネクション名」プロパティでコネクションを指定し、「実行する処理」プロパティで「任意のSQLを実行」が選択されていることを確認する

6-118-02.png

HINT
「実行する処理」プロパティSQLCall コンポーネントの「実行する処理」プロパティでは、処理に応じて以下の値から選択します。

  • 任意のSQLを実行
  • SELECT文を発行
  • ストアド実行(結果なし)
  • ストアド実行(結果あり) 

3. 「SQL文」プロパティの値欄に、実行させたい処理のSQL文を入力する

6-118-03.png

4. その他のコンポーネントも接続し、フローを完成させる

「CREATE TABLE~;」のSQL文を発行することで、テーブルの作成を設定できます。ただし、同じ名前のテーブルを複数回作成することはできないため、初期化のフローなどで利用する際には、テーブルを削除する「DROP TABLE~;」を設定したSQLCallコンポーネントなどと組み合わせる必要があります。

HINT
SQLCallコンポーネントで複数のSQL 文を記述することはできないため、複数の文で構成されるSQLを記述するときは、複数のSQLCallに分ける必要があります。 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
  • RDB
  • SQLCall
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する