コネクションを作成するには

RDBコネクションを作成する

1. ウィンドウ左下の「コネクション」タブをクリックし、コネクションペインを表示する

6-108-01.png 

2. 「コネクションの作成」アイコンをクリックする

6-108-02.png

HINT
フローサービスから各種データベース(RDB)への接続を行うには、事前に JDBCドライバーが設置されている必要があります。利用するRDBの種類に合ったJDBCドライバーの設置が必要です。

 

3.「コネクションの作成」ダイアログで、接続種別 (「RDB」)とコネクションの名前(任意)を入力し、「OK」をクリックする

6-108-03.png

4. インスペクタの「データベースタイプ」で接続 先のデータベースタイプを選択する

6-108-04.png

HINT
本書では、データベースの例として HSQLDB(Java によるデータベース)を使用して説明しています。ASTERIA WARP をインストールすると、HSQLDB もインストールされます。

CAUTION
HSQLDBはサポート対象のデータベースではありませ ん。テスト用途のみで使用するようにしてください。

 

5. URLやユーザー名、パスワードなど、コネクションの設定を行う

6-108-05.png

6. コネクションペインのツールバーの「保存」アイコンをクリックする

6-108-06.png

RDB とデータをやり取りするフローを作成する際に、作成したコネクションを選択します。

HINT
コネクションの作成方法
RDB コネクションの作成方法には 2 種類あります。1 つ は、ASTERIA のすべてのユーザーが共通で使用できるシ ステムコネクション、もう1つはユーザー固有のユー ザーコネクションです。フローデザイナーで作成するコ ネクションは、ユーザーコネクションになります。

 

接続テストを行う

 1. コネクションペインのツールバーの「接続テスト」アイコンをクリックする

6-108-07.png

テスト結果が表示されます。「成功」と表示されなかった場合は、エラーの内容を確認し、設定を修正します。

HINT
FSMC でシステムコネクションを作成するには
FSMC(フローサービス管理コンソール)に「/asu」アカウントでログインし、「設定」-「コネクション」-「RDB」の表示画面で「新規」をクリックして、表示される画面に必要な情報を入力します。「コネクションの作成先」には「システム」を選択し、最後に「作成」をクリックして作成します。 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
    キーワード:
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

このセクションの記事

他のキーワードで検索する