Oracle Autonomous Databaseとの連携方法

  1. Oracle Autonomous Databaseの構築

Oracle Cloudのコンソールでメニューバー(またはクイック・アクション)から「Autonomous Transaction Processing(ATP)」または「Autonomous Data Warehouse(ADW)」を選択し、作成します。

mceclip0.png

今回の設定内容は

Oracle Autonomous Databaseの基本情報の指定

表示名:AW TEST(任意)

データベース名:awtest(任意)

ワークロード・タイプ:ADWの場合、データ・ウェアハウス。ATPの場合、トランザクション処理。

デプロイメント・タイプ:共有インフラストラクチャ

データベースの構成

データベースバージョン:19c(または18c)

OCPU数:1

ストレージ(TB):1

自動スケーリング:オン

管理者資格証明の作成

              ユーザー名:ADMIN(変更不可)

              パスワード&パスワードの確認:(パスワードを入力)

ネットワーク・アクセス:すべての場所からセキュア・アクセスを許可

ライセンス・タイプ:ライセンス込み

 

作成ボタンをクリックすると作成されます。完了まで数分かかります。

mceclip0.png

ライフサイクル状態が使用可能になると「DB接続」ボタンが有効になるので、クリックします。

mceclip1.png

ウィンドウより「ウォレットのダウンロード」ボタンをクリックするとパスワード入力画面に遷移するので、パスワードを設定し「ダウンロード」ボタンよりzipファイル(Wallet_dbname.zip)をダウンロードします。

zipファイルは安全な場所で展開しておきます。

このウォレットはあとでデータベースと接続を行う時に必要になります。

 

  1. Oracle Autonomous Databaseとの接続設定(コネクションの作成)

コネクションの作成には

・JDBCドライバー

・1で取得したウォレット

が必要です。

まず、JDBCドライバーをダウンロードします。

https://www.oracle.com/database/technologies/appdev/jdbc-downloads.html

ウォレットを使用した接続ではojdbc8.jarの他にoraclepki.jar、osdt_cert.jar、osdt_core.jarも必要です。4種類ダウンロードし、ASTERIA Warpに登録します[2]。

 

準備ができたらコネクションを作成します[3]。

mceclip2.pngmceclip3.png

接続名:コネクション名

データベースタイプ:Oracle(Thin)

ドライバー:oracle.jdbc.OracleDriver

URL:jdbc:oracle:thin:@dbname_high?TNS_ADMIN= tnsnames.oraのロケーション

ユーザー名:ADMIN

パスワード:DB作成時に設定したパスワード

 

dbnameは、1で作成したデータベース名。

tnsnames.oraのロケーションは、1でダウンロード、展開したウォレットフォルダーのパス。ウォレットフォルダー内にtnsnames.oraファイルがあります。

具体的に本記事の場合は以下のように入力します。

jdbc:oracle:thin:@awtest_high?TNS_ADMIN=C:\\test\\Wallet_awtest

 

設定ができたらコネクションを保存し、接続テストを行います。

成功となることを確認します。失敗の場合はエラー内容を確認してください。

mceclip4.png

 

  1. フローでDB操作

DBにテーブルを作成し、データの登録や取得を行ってみます。

CSVデータをDBに登録してみます。

CSVファイルを読み込んでDBに登録するフローを作成します。

mceclip5.png

登録設定手順も通常のDBと同じです。

mceclip6.png

実行し、DBに登録されました。

mceclip7.png

 

今度はそのデータを取得してみます。

データを取得し、CSVファイルとして出力するフローを作成します。

mceclip8.png

もちろんSQLビルダーも使えます。

mceclip9.pngmceclip10.png

実行するとCSVが生成され、データが取得できました。

mceclip11.png

 

 

 

参考URL:

[1] JDBC Thin接続とウォレット

https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/atp-cloud/atpug/connect-jdbc-thin-wallet.html#GUID-1640CC02-BF3E-48C2-8FFE-A596614A6A40

 

[2] JDBCドライバーの登録方法

https://support.asteria.com/hc/ja/articles/229088127

 

[3] コネクションの作成

https://support.asteria.com/hc/ja/articles/115002326308

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

他のキーワードで検索する