Windows11環境でASTERIA Warpのインストーラーが起動しない

Windows11にOracleJDK1.8.0_321以降のバージョンをインストールした環境で、ASTERIA Warpのインストーラーが起動しない現象を確認しました。

 

以下の内容を実施し、インストーラーが起動するかご確認お願いいたします。
1. OracleJDK1.8.0_321以降のバージョンとは別に一時的に古いバージョンのOracleJDKをインストールします。
2. ASTERIA Warpのインストーラーを起動してください。
 インストールの際、ASTERIA Warpで使用するJava VMはOracleJDK1.8.0_321以降のバージョンを選択していただいて問題ございません。
3. ASTERIA Warpインストール後、不要であれば古いバージョンのOracleJDKをアンインストールします。

【注意】

ASTERIA Warpをインストールする環境に複数のJavaがインストールされている場合、インストーラが古いバージョンのJavaを検出できず正常に起動できない場合がございます。その場合は、コマンドプロンプトにて以下の様にインストーラが使用するJavaを指定してインストーラを起動してください。

c:\temp にASTERIA Warpのインストーラがあり、Java8u311を使用してインストールを行う場合:

c:\temp> install-asteriawarp-win.exe LAX_VM "C:\Program Files\Java\jre1.8.0_311\bin\java.exe"

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

他のキーワードで検索する