URL実行設定の「公開するプロトコル」のサーバーアドレスを変更することはできますか

フローデザイナーの実行設定画面で確認できる「公開するプロトコル」は下記の文字列の組み合わせで表示されサーバーアドレス含めこの値を直接編集して変更することはできません。

http(s)://<サーバーアドレス>:<ポート番号(デフォルトでは21380)>/<ユーザーコンテキスト><相対パス>

「公開するプロトコル」で表示されるサーバーアドレスは実行設定画面を開いているフローデザイナーからサーバーへ接続している情報をもとに表示されます。

  • 例:「サーバー名」にlocalhostとして接続しているときに「公開するプロトコル」で表示される文字列
    http://localhost:21380/guest/Project1/Flow1

フローの実行URLとして使用するサーバーアドレスのホスト名やIPアドレスは「公開するプロトコル」で表示される文字列と一致していなくても、httpリクエスト送信元のクライアントからASTERIA Warpサーバーへ接続が確立できる値であれば問題ありません。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

このセクションの記事

他のキーワードで検索する